【寝付けない人必見の方法】眠くなるには3つの原因をまず知ろう

寝付けない原因と対策

睡眠は、人間の健康の基盤となるものです。睡眠の負債が借金のようにどんどん蓄積していくと、心身の機能を十分に発揮出来なくなってしまいます。睡眠の役割は、脳を休息させ、クールダウンをさせることにあります。人間は眠らない限り脳の休息は出来ません。筋肉も休むだけでは疲労は十分に回復せず、睡眠することを必要としています。また、覚醒しているときには、体を少し動かすことでも体の中で損傷が起こってしまいます。この損傷した細胞や体のシステムをも修復したり、記憶の整理をしたりするのも睡眠の役割なのです。そこで、この記事では自らの睡眠の質に対して不安を覚えている方に、夜寝付けるようになるためのコツをお教えします!

あなただけじゃありません!寝付けない予備軍もいます

いきなりですが、みなさんに質問です

Q:あなたは以下の項目が当てはまりますか?

  • 考え事をよくする
  • 気分転換が苦手
  • デスクワークが多い
  • 日中に日の光を浴びる機会が少ない
  • 布団の中に入ってから寝るまでの時間が長く感じる
  • 最近体の調子がよくない
  • 冷え性である

実は…

以上の項目のいずれか一つでも当てはまる人 は “寝付きがよくない人” または “寝付きがよくない予備軍” なのです!このような指標からみると寝付きが悪くて悩んでいる方は相当数いるのではないでしょうか。実際、夜なかなか寝付けなくてそれがストレスになったり、早く寝たいのに眠れなくて時間を無駄にしてしまっている感じがすごく嫌だという意見だったりを最近よく耳にします。自身の寝付きの悪さに自覚があるという人も、「もしかして、自分も予備軍?」と今ここで疑問を抱いた人も、その解決法や予防法を知りたいですよね。そこで今回特別に、寝付きが悪くなってしまう原因を解説致します!

まず、夜に寝付きが悪い人の主な3つの原因を知りましょう

寝付きがいい人と寝付きが悪い人の違いはどこにあるのでしょうか。実は、みなさんの寝付きを悪くしてしまっている3つの原因は「体温」・「食事」・「心理状態」なのです。「それって生活のほとんどに関係していることだよね」「こんなの難しそうだし直せないよ」と思う人も多いと思いますが、実は簡単にできる対処法があります。これらを改善すれば、あなたの寝付きは今までと比べものにならないくらい良くなるのです。睡眠までの過程がスムーズにいかないと不安になりますよね。中には「私って入眠障害なのかな」と思う方もいるかと思います。そこで、これらの詳細について以下の記事でお話ししていきましょう。

私って入眠障害なの?入眠障害ってどういうこと?

みなさんは入眠障害について知っていますか?入眠障害について聞いたことがあるという人は多いと思うのですが、詳しく知らないという人がほとんどであるというのが実態です。

とても気になる入眠障害とはどういうものか

入眠障害とは、なかなか寝付けず、以前と比べて明らかに寝付きが悪くなることです。 床についてから眠りに入るまでの時間には個人差があります。どの程度を苦痛と感じるかも人それぞれだと思いますが、寝付きが悪くなったことによって全体の睡眠時間が足りなくなってしまったり、その時間が苦痛に感じて困ったりしている場合には症状が出ていると考えられるのです。 日本睡眠学会では、入眠障害を「寝つくまでの時間が普段より2時間以上多くかかる状態」と定義しています。 ただ、これらの時間はあくまで目安であり、一番の基準は「それによって本人が苦痛や支障を感じているかどうか」というところにあるのです。そこで次は、なぜ入眠障害というものを導いてしまうのか、関係している原因は何なのかについて詳しくお話ししていきましょう。

大きな原因となっているものは、実はみなさんの生活になくてはならない食事の食事内容なのです。必須アミノ酸の一つであるL-トリプトファン。いくつかの研究で、L-トリプトファンを就寝前3g以上摂取することで、寝付きがよくなることが確かとされています。しかし、問題点としてL-トリプトファンを3g以上と多量に摂取できるような食材は存在していません。

そこで、サプリメントという存在があります。ここで質問ですが、みなさんはサプリメントに対してどのような認識をお持ちですか?「サプリメントは薬みたいで手を出しにくい」や「なんかよく分からない錠剤」のようなぼわっとした認識を持たれる方も多いかと思います。しかし、実は、サプリメントは医薬品の一部ではなく「食品」に分類されているのです。そしてさらに、食品の中の健康食品(健康補助食品)という枠に分類されているのですが、実はこれを知らずにサプリメントは手を出しにくい…と感じている人がたくさんいるのです。

今このことを知った読者のみなさん、他の誰よりもより健康体になれるチャンスだと思いますよ。そして、話を戻しますと睡眠に効果を大きく発揮するサプリメントが身近には販売されています。「どうやって睡眠に効果が大きいなんて分かるの?」「選ぶ基準は何?」と気になることが多いと思うのでその基準を下記にある項目でお教えします。

サプリメントによる入眠障害の対策は可能なの?

その答えは、「はい。もちろん可能です。」しかし、入眠障害対策につながるサプリメントの選び方には2つのポイントがあります。

夜の食事内容をひと工夫するだけで寝付きがとっても良くなります

先ほどお話ししたサプリメントの選び方をお教えします。大事なポイントは2つ。それは、①成分②継続して飲むことのできる価格であるかです。成分に関しては、以下に示してあるものが一般的に挙げられます。

  • トリプトファン:睡眠を促すセロトニン(体温調節にも関与)とメラトニンの生成に関与する。
  • グリシン:私たちの体内にごく普通にたくさん存在するアミノ酸の1つ。グリシンは血管を拡張させて体温の放熱を促し、深部体温を効果的に下げる働きがある。スムーズで自然な眠りに導いてくれるだけでなく眠りの質をもよくしてくれる。
  • バレリアン:GABA(ストレス緩和をしてくれるアミノ酸の一種)の分泌量を上げてくれる。
  • セントジョーンズワート:天然ハーブの一種。気分を明るくする効果があり、また、リラックス作用により興奮や不安を抑制してくれる。
  • カルシウム:イライラを抑えて気持ちを落ち着かせる。
  • ビタミンB群:精神の安定や疲労回復が期待できる。

以上これらがおすすめです。中でもトリプトファンとグリシンは睡眠に影響が大きい体温を調節してくれるのでとてもおすすめです。これらのサプリメントを活用するだけで、睡眠の質が変わるのであれば試してみる価値は絶対あります。睡眠をより良いものに出来れば生活もより良いものに出来ます。

まとめ

ここまでお読み頂きありがとうございます。いかがでしたでしょうか?

今回は、夜寝付きをよくするための対処法を紹介してきましたが、実践しようかまだ悩んでいる方。まずは自分の寝付きがよくない原因をもう一度考え直してみてください。そして、体温や食事内容が1番の原因だと認識したあなたはサプリメントを試してみましょう。体温調節の働きのあるトリプトファンやグリシンが特におすすめです。生活の中に少し工夫を加えるだけで今までの悩みは解消できます。生活の質を保つための必要な投資はすべきなのです。