【効果的な対策】いつも眠くてストレス溜まっていませんか?

眠りが浅い原因と対策(眠りの質)

睡眠は、人間の健康の基盤となるものです。睡眠の負債が借金のようにどんどん蓄積してしまいますと、心身の機能を十分に発揮出来なくなってしまいます。睡眠の役割は、脳を休息させ、クールダウンをさせることにあります。人間は眠らない限り脳の休息は出来ません。筋肉も休むだけでは疲労は十分に回復せず、睡眠を効果的に取ることを必要としています。また、覚醒しているときには、体を動かすことでも体の中で損傷が起こってしまっているのです。この損傷した細胞や体のシステムをも修復したり、記憶の整理をしたりするのも睡眠の役割なのです。

なぜ眠気が取れない?もしかして病気なの?

なかなか眠気が取れない状態が続くのはとても辛いことですよね。「いつも十分に寝ているはずなのに病気なのかな」と不安に思う方も多いかと思います。そこで、今回特別にこの記事を読んでくださったみなさまに、代表的な眠気がなかなか取れない原因をお伝えしましょう。みなさん一緒に悩みを解決していくことが出来ればと思います。

眠気が取れない原因3つを特別にお教えします

眠気が取れない原因は大きく分けて3つあります。それは、①夜によく寝付けていないため、②体内時計が狂ってしまっているため、③病気の可能性であるため です。そこで、みなさんに知って頂きたいことは、原因①の寝付きを悪くしてしまっている3つの要因は「体温」・「食事」・「心理状態」だということです。「それって生活のほとんどに関係していることだよね」「こんなの難しそうだし直せないよ」と思う人も多いと思いますが、実は簡単にできる対処法があります。これらを改善すれば、あなたの寝付きは今までと比べものにならないくらい良くなるのです。

なかなか眠気が取れない人のかかっている可能性のある病気

みなさんは“ナルコレプシー”という言葉を聞いたことがあるでしょうか?ナルコレプシーとは、夜間十分に睡眠時間を取っているはずなのに昼間に耐えられないほどの強い眠気が生じ、起きているのが困難になってしまう慢性疾患なのです。10〜20代の発症が多く、13〜16歳の思春期がピークとなります。男女差はなく、日本では600人に1人がナルコレプシーにかかるといわれているのです。

そこで気になるのが、自分は病院に行ったほうがいいの?ということですよね。実は、ナルコレプシーの完治は難しいとされています。しかし、きちんと治療をしていくことで症状を改善することは可能なのです。夜間に十分に睡眠を取るなど、規則正しい生活を心がけることでも症状をかなり和らげることができます。

冒頭で述べましたように、睡眠の役割はたくさんあります。すごいですよね。その役割が果たせないとどのような結果が待っているのかちょっぴり怖くなってしまいますよね。そこで、みなさんが、普段の睡眠を効果的に取れなくなってしまうと普段の生活にどのような影響をもたらしてしまうのかについて、以下の記事でお伝えしていきます。

睡眠を効果的に取れていないことによる弊害を知っていますか?

毎日の睡眠を効果的に取れないことで被ってしまう弊害をみなさんは知っていますでしょうか?あげられる弊害はたくさんあるのですが、特に今後、みなさんの人生に大きく関わってくる弊害は“ 対人関係の希薄化 ”なのです。

しかし、今からこの記事をご覧になるみなさんは危機感を持つことが出来ると思いますので、今後自ら、対人関係にひびをいれてしまう事はないと思われます。しかし、まだ心のどこかで大丈夫だろうと思っている方は要注意です。睡眠が効果的に取れない弊害は、対人関係の希薄化の他にも様々な弊害があるからです。

睡眠を効果的に取れていないとこうなってしまうのです

みなさんは、今日眠いからという理由で友人や上司など周囲の人との関わりが中途半端になってしまったという経験はないでしょうか?ぼーっとしてしまっていた時などに話しかけられ「申し訳ありません。もう一度お願いできますか?」というように、何度も話されたことを聞き返してしまうようなことはなかったでしょうか?他にも、集中力が低下してしまい仕事がなかなか進められなかった、など様々な睡眠を効果的に取れなかった事により弊害を被ってしまった場面があげられます。みなさんお分かりのように、このような状態が続くと上司や同僚など周囲の人からの信頼を失いかねません。睡眠が効果的に取れてないとこのような悲しい弊害をたくさん招いてしまうことにも繋がってしまうのです。

睡眠を効果的に取れないとデメリットばかりですよね。実は、睡眠にはたくさんのメリットがあるのです。もちろん、睡眠はマズローの5段階の欲求で知られていますように、生理的欲求を満たす事でみなさんが将来こうなりたいという自己実現の欲求に対しても大きな効果をもたらしてくれる事につなげることが可能となるのです。そこで睡眠のメリットについて考えていきましょう。

眠気がなくなればいろんなことがうまくいくようになります

睡眠を取ることにより得られるメリットは実はこんなにもあるのです。それは以下の通りです。

  • 日中の集中力をアップできる
  • 日中、眠くなりにくい
  • 生活の中にメリハリをつけられる
  • 肌荒れが改善される
  • 若くみられるようになる
  • 疲れが取れる
  • ストレスが溜まりにくくなる
  • 自身の目標達成に向けて希望が持てるようになる
  • 対人関係を良好に保てるようになる

この他にもたくさんのメリットをあげることができます。嬉しいことばかりですね。睡眠を効果的に取ることが出来れば友人にも上司にも、さらに、あなたが大切に思っている恋人や家族など周囲のみなから大きな信頼を得ることにつながるのです。

ここまでお読み頂きありがとうございます。最後にストレスを抱えている方必見の睡眠に効果的な対策をお教えしましょう。睡眠に大切な要素の中に「心理状態」があります。ストレスが過度に溜まってしまっていると睡眠に及ぼす影響はとても大きいのです。みなさんは自身のストレス状態について考えたことはありますでしょうか?この後の記事でチェックしていきましょう。

眠いのを即解消できます 効果的な睡眠対策って何?

それでは、みなさんにどれくらいストレスが溜まっているのかチェックしてみたいと思います。15点満点で、“ はい ”の項目が多ければ多いほどストレスが溜まっている状態にあるといえます。過去1ヶ月くらいまでを思い返してみてくださいね。

  • 朝布団から出るのが辛い
  • 何事も集中できず、長続きしない
  • 時々体や気持ちが脱力感を感じる
  • 食欲が以前に比べて落ちた
  • 将来のことを考えると不安になることがよくある
  • 心配事があって夜眠れないことがよくある
  • 自分の体型や見た目に気になるところがある
  • 人間関係づくりが苦手なほうだ
  • 熱中できる趣味がない
  • 便秘や下痢になることが多い
  • 生真面目に物事を深く考えるほうだ
  • 将来より過去のことを考えることが多い
  • 物忘れが多い、物事を思い出せない
  • 不安感に襲われ、精神的に疲れてしまう
  • 私は人から愛されていないと感じることがある

結果はいかがでしたでしょうか?意外にストレス溜まっていたという方も多かったのではないでしょうか?ストレス度が大きいほどあなたの睡眠に悪循環をしている可能性があるのです。

試してほしい 睡眠にとっても効果抜群の対処法

睡眠に大切な要素の一つが「心理状態」だということはみなさん既にお分かり頂けているかと思います。学生さんであればオフィスアワーやカウンセラーなど専門職の方に相談できるサービスを活用するのも一つの手です。また、その他ピア・サポート(同じ問題を抱える者が集まり支え合う)を活用することも自分の心をスッキリさせることのできるチャンスですよ。

しかし、一方で今の悩みの状況を人に話せなくて悩んでいる方も多いと思います。そんな人は、悩み等はノートやルーズリーフ、ちらしの裏紙など何でもよいので書き出すことで頭の中が整理されてスッキリできます。

実際にこの書き出すという方法を実践すると悩みの8割は解決できるのです。この言葉を聞いて「8割って本当?」「それなら今すぐでもやる」と思われた方も多いと思いますが、そうなのです。実際本当に悩んでいる人はみなやるべきなのです。

ずっと悩んでいることはとっても危険で目の前の本当に大事なことも見えなくなってしまう危険性さえあります。綺麗に書き出す必要はなく、自分が納得するように好きなように書いてください。そしてみなさんが気になる8割も解決できてしまう理由はここにあります。「書いて自分の目に見える化することで同じことを何度も考えなくなる」

どうですか?悩んでいる時は、ずっと自分の頭の中で考えてしまいます。しかし、書き出すことで同じことはもう頭の中に繰り返し文字として巡らなくなります。疑う前に実践。それが合言葉です。

まとめ

いかがでしたでしょうか?今回は、眠気がなかなか取れないという方必見のお話をさせて頂きました。今回この記事を読んで頂いて、自分の睡眠状態に関して、気になることや心配なことが見つかったという方や今まで悩みを抱えていた方は、一人で悩まず専門機関へご相談に行くことをおすすめします。そして、ストレスを発散するためにみなさんも悩みを見える化することを実践してみてはいかがでしょうか?実践してみることであなたの睡眠の質がみるみる生まれ変わっていくことも夢ではありません。睡眠の質を変えることでみなさんの未来はさらに明るく生まれ変わることでしょう。ぜひこの機会に実践して頂くことをおすすめします。