飲酒が睡眠を妨げる!?アルコールが眠りを浅くする3つの原因とは

眠りが浅い原因と対策(眠りの質)

「晩酌するのが習慣」

「寝つきを良くするためにお酒を飲んでいる」

そんな人は多いのではないでしょうか?

お酒を飲むと気持ちよくなって眠気がやってくることもありますよね。そしてついつい飲みすぎてしまい、そのままベッドに倒れ込んで寝てしまう人も少なくないと思います。

しかし実は、寝る前の飲酒が睡眠を妨げる可能性があるということをご存知ですか?

お酒を飲まないと眠れないという方は、すでに危険信号かも!寝る前にお酒を飲む習慣がある方へ、飲酒と睡眠の関係と、睡眠の質を下げてしまう理由をお伝えします。

「お酒を飲むと眠くなる」でも良い睡眠は得られない

お酒を飲んで眠くなった経験がある人は多いでしょう。寝る前にお酒を飲むことを「寝酒」や「ナイトキャップ」と呼び、寝つきを良くするための方法として考えられることもあります。確かに少量のアルコールは、入眠時間(寝付くまでの時間)を短くすると言われており、実際にそのような検証もなされているようです。普段は寝付きが悪いという人でも、お酒を飲んだ日には早く寝付くことができた、という経験があるのではないでしょうか。

だからといって、アルコールに睡眠の質を上げる効果があるわけではありません。寝る前にアルコールを摂取することによって、逆に深い睡眠につくことができなってしまいます。さらには「アルコールがないと寝付くことができない」という状態になる恐れもあり、アルコール依存症や不眠症を引き起こす恐れもあります。

飲酒が睡眠の質を下げてしまう3つの原因とは?

ではなぜ飲酒すると眠りが浅かったり翌朝早く目が覚めてしまうなど不眠の症状が出てしまうのでしょうか。そこには、アルコールがもたらす体への影響が大きく関係しています。寝る前にアルコールを摂ることで睡眠の質を下げてしまう理由を3つお伝えします。

アルコール分解によって睡眠中も活動状態に

まずひとつ目の理由として、睡眠中にアルコールを分解することで体が活動状態になってしまうということが挙げられます。アルコールを分解しているとき、体内にはアセトアルデヒドという物質が発生します。この物質は交感神経を刺激するため、体は興奮状態や活動状態になってしまうのです。そのような状態では、深い睡眠である「レム睡眠」を得ることが難しくなってしまうんだそう。本来であれば、睡眠中はレム睡眠(深い眠り)とノンレム睡眠(浅い眠り)を繰り返しますが、飲酒して寝ることでノンレム睡眠の状態ばかりが続いてしまうため、熟睡感を得られなくなってしまうということです。

アルコールの麻酔が切れて夜中や早朝に目覚める

お酒を飲みすぎると、物事が正しく判断できなくなったり、体の動きや感覚が鈍くなるといった状態に陥ることがありますよね。これは、多量のアルコールにより覚醒中枢も睡眠中枢も麻痺してしている状態で、麻酔にかかったようなもの。寝ている間にこの麻酔が切れてしまいますので、その途端に覚醒中枢(日中の状態を保つためのもの)が回復してしまい、目が覚めてしまうというわけです。深酒して眠ると夜中や早朝に突然目が覚めてしまった、という経験はないでしょうか?それはこのような体の仕組みが原因だったのです。またアルコールには利尿作用があるため、トイレに行きたくなって起きてしまうといった場合もあります。そうして一度目がさめることで眠りが浅くなってしまいます。

のどの筋肉が緩むことでいびきをかきやすくなる

アルコールの働きのひとつに、筋肉の緊張を緩めるというものがあります。お酒を飲むと体に力が入りにくくなるのは、この働きによるもの。これにより、寝ている間にのどの筋肉が緩んで気道を塞いだり、舌がのどの奥に落ち込みやすくなることで、大きないびきをかきやすくなってしまいます。普段あまりいびきをかかない人でも、飲んだ後はいびきをかいているかもしれないということです。このような状態では空気を体内に十分取り込むことができず、睡眠時無呼吸症候群になってしまう恐れもありますので注意が必要です。

良い睡眠のために飲酒時間・飲酒量をコントロールしよう

人は慣れる生き物ですので、はじめは少量のアルコールで寝付けていたものが、だんだんその量を増やさないと寝付けない、という可能性もあります。こうなると、徐々に飲酒量が増えてアルコール依存症になるリスクが高まります。また、アルコールによって眠りが浅くなり、体の疲れも取れない状態が続くため、不眠症であったりうつ状態に陥る可能性も考えれます。そのため、普段から寝付きをよくする方法を試してみるなど、飲酒しなくても入眠できるような習慣を身につけておくことが大切です。また、アルコール分解が終わった状態で寝るようにすれば熟睡しやすくなりますので、飲酒は寝る前ではなく夕食時に適量飲む程度にとどめておきましょう。

まとめ

晩酌が日々の楽しみとなっている人も多いと思います。お酒は必ずしも「悪」という訳ではありませんし、日々の楽しみとして嗜むことでストレス解消できる場合もあります。しかしよく眠れない日が続くと、日常生活に影響を与えることも…。質のいい睡眠をとり活動的な生活を送るためにも、飲む量と時間をコントロールしながらお酒と付き合っていきましょう!