副交感神経の働きが整うと睡眠の質もアップする!副交感神経の働きを見直して不眠を解消しよう

眠れない原因と不眠対策(眠りの知識)

寝つくのに時間がかかったり、ぐっすりと寝た気がしなかったりなど、眠りに関する悩みは様々です。十分な睡眠が得られないと、身体的負担はもちろん、ストレスにもなってしまいますね。質の高い睡眠を確保するには、副交感神経の働きを整えることが効果的です。

副交感神経と睡眠の関係、副交感神経の働きを正常にする方法を知って、毎晩の睡眠に役立てましょう。睡眠が変わると、翌日の心身の状態も良くなりますよ。

眠れないのは副交感神経のせい?睡眠と副交感神経の関係

自律神経には交感神経と副交感神経があり、質の高い眠りを得るためには、副交感神経の働きを活発にするのが効果的だと言われています。

感神経は日中の活動している時に優位になり、副交感神経は夜の休息時間に優位になるという特徴がありますよ。そのためスムーズに眠るためには、交感神経よりも副交感神経を優位にする必要があるんです。

交感神経と副交感神経の作用や働き、副交感神経と睡眠の関係を知ることで、不眠の解消に役立てることができますよ。副交感神経とはどんなものなのでしょうか?

自律神経の一つである副交感神経ってどんなもの?

自律神経は体のいろんな部分に影響を与える組織の一つで、睡眠にも大きく関わっています。自律神経は交感神経と副交感神経に分かれており、それぞれ働きや作用が違います。交感神経は活動時に活発になる神経で、副交感神経は休息時に活発になる神経です。

この交感神経と副交感神経がバランスをとりながら、体のいろんな器官を調整しています。交感神経には、血管を収縮させたり、心拍数を増やしたり、胃腸の働きを抑えたりする働きがあります。

その逆に副交感神経には、血管を拡張させたり、心拍数を減らしたり、胃腸の働きを活発にさせたりという働きがありますよ。自律神経は、自分の思ったようにコントロールすることができないと言われています。ストレスなどの精神的な要因の影響を、受けやすいという特徴もあるんです。

副交感神経は睡眠にどんなふうに作用する?

睡眠を充実させるには、副交感神経を活発にすることが必要だと言われています。

ムーズに寝ついたりぐっすりと眠ったりするには、心身をリラックスすることが大切。

脳が興奮状態にあったり体が緊張したりしていると、いつまでたっても寝つけなかったり眠りが浅くなったりしてしまいます。心身をリラックスして眠りやすくするには、交感神経よりも副交感神経を優位にすることが大切ですよ。

日中活動して交感神経が優位となっている状態から、副交感神経が優位になるようにしましょう。副交感神経の心身をリラックスさせる働きが、睡眠にいい影響を与えてくれますよ。副交感神経を自分でコントロールすることはできませんが、過ごし方などを工夫することで、活発になるのを促すことはできますからね。

副交感神経を味方につけて、よく眠れるようになるには?オススメの方法

眠れないのを解消するには、副交感神経の働きを活発にすることが大切です。そのためには、心身がリラックスできるような睡眠環境にすることが必要ですよ。

ストレスは自律神経を乱す原因となってしまうため、ストレスを軽減することも効果的です。日中の過ごし方を工夫して生活リズムを整えることで、副交感神経の働きを整えることもできますよ。夜になったら、心身をリラックスさせて、心地良く過ごせるようにしましょう。副交感神経を優位にする方法には、どのようなものがあるのでしょうか?

副交感神経が活発化するような睡眠環境を整える

副交感神経を優位にするためには、心身がリラックスできる環境を整えることが効果的です。自分が快適だと思えるような、睡眠環境にするようにしましょう。

寝具や衣類は、肌触りが良く心地いいと思えるものを選ぶようにしてください。色の力を取入れるのもオススメです。暖色系には交感神経を活発化させる作用、寒色系には副交感神経を活発化させるは作用があると言われていますよ。

やわらかくて優しい色合いも、リラックスさせるのに役立ってくれます。寝室のカーテンや壁紙を選ぶ時には、落ち着いた色合いのものを選ぶようにしてくださいね。明るすぎる光は交感神経を刺激してしまうので、寝る前には暖色系の灯りにして、日中よりも暗めにするのがオススメですよ。寝る時には、寝室を暗くするようにしましょう。

ストレスを軽減させて副交感神経の働きを優位にする

自律神経の働きを乱してしまう原因の一つに、ストレスがあります。

ストレスがあると、副交感神経の働きも抑えられてしまいます。心身をリラックスさせることもできません。心地良く眠るためには、ストレスをできるだけ解消して副交感神経を優位にすることが大切です。

夜寝る前や布団の中では、ストレスの内容について考えないようにしましょう。呼吸を整えることもオススメです。ゆっくりと深い腹式呼吸をすることで、心身をリラックスさせることができますよ。

ストレスを忘れられる時間をもったり、自分が心地良いと感じられる時間をもったりすることも効果的です。自分なりにストレスを発散できる方法を見つけて、ストレスを溜めないように心掛けましょう。しっかりと睡眠をとることも、ストレスを解消するのに効果的です。

生活リズムを整えて副交感神経の働きを活発にする

副交感神経の働きを整えるには、生活リズムを整えることも大切ですよ。就寝時間と起床時間を、できるだけ同じにすることも効果的。日中に、体を動かすのもオススメです。適度な運動も生活リズムを整えるのに役立ってくれます。

食事は3食きちんととるようにしましょう。刺激の強い食べ物やカフェインは交感神経を刺激してしまうため、夜寝る前にはとらないようにしてくださいね。カフェインは、寝る6時間前以降にとらないようにしましょう。

スマホやパソコンのブルーライトも、交感神経を刺激して副交感神経の働きを抑えてしまいます。スマホの使用は、寝る2時間前までにしておきましょう。寝る前には、ゆったりとした気分で過ごすようにしてくださいね。

眠れない時のお助けに!副交感神経を活発にしてリラックスさせるグッズ

副交感神経を優位にするには、リラックスグッズを活用するのもオススメです。自分が落ち着いた気分になれるもの、心地良いと感じられるものを選ぶことが大切ですよ。

人気が高いものに、香りを楽しむアロマポットやフレグランススプレーがあります。ラベンダーやカモミールの香りには、心身をリラックスさせてくれる効果がありますよ。ヒーリングミュージックやヒーリングライトなど、ヒーリング効果のあるものもオススメです。

日中にストレス発散をするのに人気なのが、パンチングマシンやサンドバッグ。思い切り殴ることで、気分も爽快になります。適度な運動にもなります。流行のスクイーズを触るのも、ストレスの解消に役立ってくれます。スクイーズの何とも言えない感触が、癖になりますよ。

まとめ

自律神経には、活動時に優位になる交感神経と、休息時に優位になる副交感神経があります。睡眠に深く関わっているのが、副交感神経ですよ。副交感神経には、心身をリラックスさせて心地良い眠りへと導いてくれる働きがあります。質の高い睡眠を得るためには、副交感神経の働きを活発化させることが効果的ですよ。そのためには、副交感神経が優位になるような環境を整えたり、生活リズムを整えたりするのがオススメです。ストレスも自律神経を乱す原因となってしまうため、ストレスを溜めないようにしてください。副交感神経を活発にするのに、リラックスグッズやストレス発散グッズを活用するのもオススメですよ。副交感神経の力を利用して、快適な睡眠ライフを手に入れてくださいね。