子供に睡眠障害があると成長や日常生活に支障が起こる?子供の睡眠を守る3つの方法

眠れない原因と不眠対策(眠りの知識)

不眠に悩んでいるのは、大人だけではありません。子供の不眠も増えてきていますよ。子供の不眠には、布団に入っても寝つけない、夜中に何度も目が覚めてしまう、寝たのに疲れがとれないなど様々です。不眠が続くと、心身の成長が妨げられたり、学校生活に支障が出たりしてしまうこともありますよ。子供の健康と生活を守るためにも、睡眠を充実させましょう。

睡眠は子供にとって重要なもの!睡眠障害があると成長や日常生活にも支障をきたす

子供の睡眠をしっかりと確保できているかどうかは、親としてとても気になるところです。最近では、子供の睡眠障害も増えてきていますよ。子供の睡眠障害には、寝つきが悪かったり、眠りが浅かったり、朝起きられなかったりなど様々なものがあります。これらのことが影響して、日常生活や成長に支障をきたしてしまうこともありますよ。子供の睡眠障害にはどのようなものがあり、どのような影響があるのでしょうか?

子供の睡眠を妨げる睡眠障害にはどんなものがある?

子供にとって、質の高い睡眠はとても大切なものですね。けれど、睡眠障害を起こしている子供は増えてきていると言われています。子供の睡眠障害には、何らかの原因のせいで睡眠時間が不足してしまうものがありますよ。夜布団に入っても、寝付くのに時間がかかってしまう。夜中に目が覚めてしまい、一度目が覚めると1時間近く眠れないなどがありますよ。それとは別に、睡眠時間は確保しているのに、睡眠障害がでてしまうこともあります。眠っているけれど、眠りが浅く熟睡感を得られない。起こさないと、いつまででも眠っている。昼夜が逆転してしまい、昼間にしか眠れないなどがありますよ。子供によっては、睡眠障害があると気付いていない場合もあるようです。

子供に睡眠障害があるデメリットは?成長と日常生活への影響

大人でも、睡眠不足はつらいものですね。子供ならなおさらです。睡眠が不足すると、いろんな悪影響が出てしまいますよ。睡眠が足りないと、日中に眠気が起こってしまいます。そのせいで意欲や集中力が欠けてしまい、学業に支障をきたしてしまうことがありますよ。イライラしたり怒りっぽくなったりしてしまうせいで、集団生活になじめなくなってしまうこともあるようです。朝起きるのがつらいことから、学校を休んでしまうこともありますよ。睡眠不足は、成長にも支障を出してしまいます。睡眠時には、子供の成長に欠かせない成長ホルモンが多く分泌されるのですが、睡眠不足だとこの成長ホルモンも不足してしまいます。そのせいで、十分な成長を妨げてしまうこともありますよ。

子供の睡眠を邪魔するものは何?睡眠障害の原因を突き止めよう

子供が睡眠障害を起こさないようにするためには、その原因を探ることが大切です。原因には、子供によっていろんなものがありますよ。日頃の生活習慣が体内時計の働きを乱してしまい、睡眠障害を起こしてしまうこともあります。何かの疾患が原因となって、睡眠を邪魔していることもありますよ。発達障害が影響して、眠れなくなっていることもあるようです。どんなことが原因となって、子供の睡眠障害は起こってしまうのでしょうか?

生活リズムの乱れが体内時計を狂わせてしまう

子供の睡眠障害の原因の一つとして考えられているのが、体内時計の乱れによるものです。体内時計が正常に働いているおかげで、夜自然に眠くなったり、朝スムーズに起きたりすることができています。この体内時計が乱れてしまうと、夜いつまでたっても寝つけなかったり、朝起きられないようになったりしてしまいますよ。夜中に何度も目が覚めてしまうこともあります。体内時計の働きは、生活リズムの乱れによって起こってしまいますよ。夜更かしをしたり、朝いつまでも寝ていたりすると、生活リズムとともに体内時計も狂ってしまいます。スマホやパソコンなどのブルーライトが、体内時計に悪影響を与えてしまうこともありますよ。ストレスも、体内時計を狂わせる原因となってしまいます。

何かの疾患が睡眠障害の原因になっている恐れもあります

疾患があるせいで、睡眠障害が起こっていることも考えられます。鼻炎があると、鼻がつまって睡眠を邪魔してしまうことがありますよ。アトピーなどの皮膚疾患があると、痒みや痛みのせいで熟睡できないこともあります。疾患による身体の不快感があると、眠りの妨げとなってしまいますね。寝ている間に、おもらしをしてしまう夜尿症。寝ようとして布団に入ると、下肢がムズムズと痒くなったりしてしまうムズムズ脚症候群。睡眠中に無意識で複雑な動きをしたり、歩き回ったりしてしまう睡眠時遊行症などが、眠りの妨げとなっていることもありますよ。発達障害と睡眠障害は関わりが深いため、発達障害の二次障害として、睡眠障害が表れてしまうこともあるようです。

子供の睡眠を守るためにしたいこと!睡眠障害を解消して毎日を快適にする

子供に必要な睡眠を確保することは、親にとってもとても大切なことですね。子供の健康と発達を守るためにも、普段から子供の様子に気を配るようにしてください。睡眠が不足していると感じたら、睡眠しやすい環境を整えたり、規則正しい生活をしたりするようにしましょう。ストレスや悩み事を、解消する手助けをしてあげることも大切ですよ。それでも改善されない場合には、専門家に相談してみるのもオススメです。子供の睡眠を守る方法には、具体的にどのようなものがあるのでしょうか?

子供の寝ている状態と日常生活の様子をしっかりチェックする

まずは、子供の睡眠が足りているかどうかをチェックしましょう。子供によっては、睡眠不足の自覚がない場合もありますよ。寝つくまでにどれくらい時間がかかるのか?夜中にうなされたり、動き回ったりしていないか?朝はスムーズに起きることができるのか?を観察してみてください。日中の過ごし方もポイントとなります。昼間にうとうとしていないか?集中力に欠けていないか?イライラしたり不機嫌だったりしないか?食欲はあるか?学校に行きたがらなかったりしないか?悩んでいる様子がないか?いつもと違う様子がないか?などに注意してみてくださいね。子供の変化を早く見つけることで、睡眠不足に気付くことができますよ。子供と睡眠について話し合ってみるのもいいですね。

規則正しい生活にして体内時計を正常に働かせる

子供の睡眠不足を解消するには、体内時計を正常に働かせることが大切です。毎日、決まった時間に就寝・起床するようにしましょう。朝起きたら、カーテンを開けて朝日を浴びるのも効果的ですよ。朝日を浴びることで、体内時計が一日の始まりを察知します。バランスのいい食事を、1日3食きちんと食べることも大切ですよ。日中には、勉強や外遊びなど、刺激を受けながら活動するようにしましょう。ストレスがある場合には、運動や趣味の時間などを取入れて、ストレスが発散できるように心掛けてくださいね。親子で話し合う時間や過ごす時間をもって、子供を安心させてあげることも大切ですよ。夜には、できるだけ休息できるような環境を整えてください。寝る前には部屋のライトを暖色系にして、日中よりも灯りを落とすのがオススメです。スマホやパソコンの使用は、寝る2時間前までにしましょう。子供がリラックスできるよう、ゆったりとした時間を過ごすようにしてくださいね。

改善しない場合には専門家に相談することも大切です

子供の睡眠環境を整えたり、生活習慣を見直したりしても不眠が解消されない場合には、専門家に相談するのがオススメですよ。睡眠は、子供の成長や発達に関係するとても大切なものです。できるだけ早急に解決してあげる必要がありますよ。睡眠障害がある、いつもと様子が違う場合には、かかりつけの小児科の診察を受けるようにしましょう。子供の睡眠状態、健康状態、普段の様子などをまとめておくと、医師にスムーズに説明することができますよ。睡眠障害は、他の疾患が原因となって起こることもあります。その場合、専門家に相談することで他の疾患を見つけることもできますよ。睡眠についての悩みを解消することもできます。子供と睡眠の大切さを確認する、いい機会にもなると思いますよ。

まとめ

子供にとって、きちんと睡眠をとることはとても重要なことです。睡眠が不足すると、健康や成長に支障をきたしてしまいますよ。集中力や意欲も低下するため、日中の生活に悪影響を与えてしまうこともあります。子供に睡眠障害がある場合には、早急に解消するようにしましょう。睡眠環境を整えて眠りやすくしたり、生活リズムを整えて体内時計が正常に働くようにしたりする必要がありますよ。ストレスや悩み事が原因となって不眠になっている場合には、原因となっているストレスや悩み事を解決することも効果的です。子供の不眠に素早く対処するためにも、普段から子供の様子に気を配るようにしてくださいね。不眠が改善できない場合には、専門家に相談するのもオススメです。子供の健康や成長を守るためにも、質の高い睡眠をとれるようにしてくださいね。