ストレスが熟睡を妨げる!ぐっすり睡眠をサポートするグッズはこれ!

安眠・快眠グッズ

ストレスがあると眠れなくなるというのは、よく知られていること。ストレスがあるせいで、寝つきが悪くなったり、眠りが浅くなったりしてしまうことも。ストレスが睡眠に悪影響を与えてしまうと分かっていても、ストレスをなくすのは至難の技。ストレスと上手に付き合いながら、睡眠の質を上げることが大切ですよ。ストレスが睡眠に与える影響、ストレスとの付き合い方、ストレスを緩和して眠りに導くグッズについてご紹介します。

眠れないのはストレスのせい!?ストレスと睡眠の関係は?

ストレスがあるせいで眠れない!こんな経験をしたことのある方も。ストレスがあると睡眠に悪影響を与えてしまうことは知っていても、それがどうしてなのか?というのを分かっていない方もみえるようです。ストレスが睡眠の邪魔となってしまう原因は、自律神経と体内時計を乱してしまうから。自律神経と体内時計が乱れてしまうと、心身が眠りやすい状態になれません。そのせいで十分な睡眠を得ることができなくなってしまいますよ。自律神経と体内時計が乱れてしまうと、具体的にどうなってしまうのでしょうか?

ストレスがあると、心身がリラックスできなくて眠れなくなる

ぐっすりと眠るには、心身をリラックスすることが大切。ストレスがあると寝る時になっても心身の緊張がとれないため、寝付きにくくなったり、眠りが浅くなったりしてしまいますよ。眠っても途中で何度も目覚めてしまうことも。眠りには、自律神経の働きが深く関わっています。眠っている時には副交感神経が活発になるのですが、ストレスがあると副交感神経の働きが抑えられてしまい、交感神経が活発になってしまうことに。交感神経が活発になると、筋肉が緊張したり、脳が興奮したりしてリラックスすることができません。眠りたいのに眠れないと思っていることが、ストレスとなって悪循環になってしまうことも。自分はストレスと認識していなくても、不眠として表れてしまうこともありますよ。

ストレスがあると、体内時計が乱れて眠りにくくなる

ストレスによる体内時計の乱れが、ぐっすりと眠れない原因となっていることも。睡眠する時間は、体内時計によって整えられています。体内時計の働きから、朝目覚めて日光を浴びてから、14~16時間後に眠くなるようになっていますよ。体内時計が乱れていると、夜になっても寝つけなかったり、夜中に目覚めたりしてしまうことに。この体内時計の働きを乱す原因となるのが、ストレス。体内時計の働きを整えるホルモンに、睡眠ホルモンと呼ばれているメラトニンがあります。ストレスがあるとこのメラトニンの分泌が抑えられてしまうため、体内時計が乱れて十分な睡眠を得ることができなくなってしまいますよ。慢性的なストレスがある程、体内時計が乱れやすくなってしまうと言われています。

ストレスのせいで眠れない!そんな時にはどうすればいい?

睡眠は人間にとってとても大切なもの。ストレスのせいで眠れない方にとって、いかに睡眠の質を上げるかは重要な問題です。十分な睡眠を得られないことで、健康や生活に支障が出てしまうことも。対処法には、心身をリラックスさせる、体内時計を整える、ストレスを軽減させるなどがあります。ストレスのせいで眠れない!を解消して、睡眠の質を上げましょう。効果的な対処法には、どのようなものがあるのでしょうか?

ストレスに苦しむ心身を、リラックスさせて眠りやすくする

気持ちよく眠るためには、心身をリラックスさせて眠りやすい状態にすることが大切です。まずは、睡眠する環境を整えることから始めましょう。自分が快適に過ごせるような寝具や衣類を使用することで、ストレスを和らげてリラックスさせることができますよ。香りにも、ストレスを軽減する力があります。寝る前に軽いストレッチをすると、少し心身のこりが取れてリラックスすることができますよ。布団に入ったら、できるだけストレスの内容を考えないようにして、ゆっくりと腹式呼吸をしてみてください。

生活リズムを整えて、ストレスに負けない体をつくる

ストレスを軽くするには、健康な体を保つことも効果的。そのためにも、生活リズムを整えて健康な体をつくりましょう。生活リズムが整うと、体内時計の働きも整って眠りやすくなりますよ。朝はできるだけ決まった時間に起きるようにして、カーテンを開けて朝の光を浴びましょう。バランスのとれた食事をきちんと3食とることも効果的です。適度な運動も、体内時計を整えるのに役立ってくれますよ。寝る前にスマホを使用するのも、体内時計を乱す原因となってしまいます。スマホの使用は、寝る1~2時間前までにしておきましょう。入浴は、寝る1~2時間前にすませておくのがオススメです。38~40度のお湯に20分程度浸かると、体内時計が整うため寝付きやすくなりますよ。

ストレス発散法を見つけて、ストレスを少しでも軽減する

一番いいのが、原因となるストレスを解消すること。けれど、現在社会でストレスをなくすのは至難の技。ストレスを軽減しながら、うまく付き合っていくしかありません。自分なりのストレス解消法を見つけておくのがオススメです。ストレスの内容を忘れて、夢中になれる趣味をつくる。気分が明るくなるようなコスメや雑貨などを購入する。いつもより贅沢をして、美味しい物を食べる。スポーツやスーパー銭湯などで汗を流すなど、試してみてください。夜寝る前や布団の中では、ストレスの内容について考えないように習慣づけることも効果的ですよ。夜になるとネガティブな考えに偏ってしまうことが多いので、夜になったら悩むのをやめ、自分が快適に過ごせる時間を持つようにしましょう。

ストレスによる眠れない!を解消してくれるオススメのグッズ

ストレスを解消するには、工夫が必要。ストレスのせいで眠れない場合には、心身をリラックスさせてくれるグッズ、睡眠に導いてくれるグッズ、体内時計を整えてくれるグッズ、ストレスを軽減してくれるグッズなどを活用するのがオススメです。ストレス社会と言われている現在だからこそ、いろんなグッズが販売されていますよ。グッズを使用することで、今よりも睡眠の質を上げることも可能。あなたはどのグッズに興味がありますか?

心身をリラックスさせて、睡眠に導いてくれるグッズはこれ

心身をリラックスさせるグッズで有名なのが、アロマテラピー。香りには、心身の緊張を緩めたり、気分を落ち着かせたりしてくれるものがありますよ。ラベンダー、イランイラン、サンダルウッドなどは、リラックス効果の高い香りとして人気です。アロマポットを使うのが面倒な方には、手軽なスプレーもありますよ。カモミールティーやホットミルクなど、リラックス効果のある飲み物を取入れるのもオススメです。ヒーリング音楽なども、神経を落ち着かせるのに役立ってくれますよ。入眠を促すようなCDも販売されています。枕や寝具など、自分の体に合った物を選ぶことも大切ですよ。自分が快適に感じるような、気持ちがゆったりとするようなものを選ぶのがポイントです。

ストレスを軽減して、体内時計を整えてくれるのに役立つグッズはこれ

体内時計を左右するのが、光。スマホのブルーライトは、体内時計を乱す原因となってしまいます。寝る前には使用しないのが一番ですが、どうしても使用しないといけない場合には、ブルーライトを遮断するシートやメガネなどを使用するようにしましょう。部屋のライトを調整することも効果的。寝る前には、照明の明るさを下げ、やわらかい灯りにするのがオススメです。光や明度を調整できるライトを選ぶと便利ですよ。寝る前には、ゆったりとした気分で過ごすことも大切です。日中の疲れが癒されるような、写真集を眺めたり、絵本を読んだりするのもオススメです。大人の塗り絵など、無心になって集中できるものをするのも効果的ですよ。自分に合ったものを見つけてみてください。

まとめ

ストレスがあると交感神経の働きが活発になってしまうため、心身が緊張してリラックスすることができません。体内時計を調整する働きのある、セロトニンの分泌も抑えられてしまいますよ。そのせいで、夜寝つきが悪くなったり、眠りが浅くなったり、途中で目覚めてしまうことに。睡眠の質を上げるには、ストレスにさらされて緊張した心身をリラックスさせたり、体内時計を整えたりすることが大切です。できるだけストレスを軽減できるように心掛け、ストレスと上手く付き合っていくことも大切ですよ。それには、心身をリラックスさせるグッズや、ストレスを軽減させてくれるグッズを活用するのも効果的です。十分な睡眠を得ることは、ストレスに負けない体をつくるためにも大切なこと。自分に合った方法を選んで、ぐっすりと眠れようになってくださいね。