玉ねぎで安眠効果って本当!?スープと寝る前の工夫で安眠になれる!

眠りが浅い原因と対策(眠りの質)

玉ねぎでぐっすりなんて聞いたらどう思いますか?多くの人は、玉ねぎを切った時の目にしみる嫌な感覚の方が有名だと思うので、びっくりだと思います。

しかし、実は玉ねぎに含まれる「硫化アリル」という成分が、その安眠効果を発揮してくれるのです。

ここでは、玉ねぎに含まれる魔法の安眠成分である硫化アミルの効果や働きを紹介するとともに、ちょっとした寝る前に行う工夫だけで安眠になれる方法を紹介していきます。

玉ねぎで何で安眠効果があるの?安眠効果の秘密は目から涙が止まらないあの成分

匂いは、体にとってとても大きな効果を発揮する可能性を秘めています。

脳は大きく分けると、考える部分と感じる部分に分けられており、香りによって、嗅覚が刺激されると緊張状態を緩める働きがあります。そのため、心地の良い香りを匂いとして感じることで、人はリラックスすることができるのです。

ところが、ここで紹介する玉ねぎは、果たして良い匂いでしょうか?むしろ、鼻に突き刺さるような刺激臭と認識している人もいるほどの匂いです。ここではまずは玉ねぎの独特の匂いの秘密について紹介していきます。

ネギ特有の刺激臭の秘密!?硫化アリルの安眠パワーとは

玉ねぎがもっている、この特有の刺激臭は、「硫化アリル」といわれる、ねぎ特有の辛み成分となっています。この硫化アリルには、以下のような効果があり、心地よい香りとともに、リラックス効果だけではなく、空気中に揮発している硫化アリル成分を匂いとして感じています。

  • 血行促進
  • 自律神経を鎮める
  • 脳神経を鎮める

さらに、血行促進だけでなく、そのまま体を温める働きにより、相乗効果として安眠かつ快眠効果も期待できます。この硫化アリルは以下のねぎ類にも含まれているのでお好みで選んでみてもよいでしょう。

  • 長ネギ
  • ニンニク
  • ラッキョウ

もちろん、この硫化アリルは不眠症レベルには進んでいなくても、ちょっと寝つきが悪いなという程度でも、毎日良い眠りにつけるようにオススメできる成分です。

玉ねぎの安眠効果を得るためのオススメ摂取方法は寝る前に体を温めるオニオンスープ!

寝る前に身体を温め、リラックスさせると安眠できるという考え方があります。よくされている方法としては、寝る1時間ほど前に、以下のような飲み物を飲む方法です。

  • ホットミルク
  • ホットココア
  • 生姜湯

コーヒーなどのカフェインが入っている飲み物だとマイナスですが、これらの暖かい飲み物を飲むと、自然と体が温まって睡眠効果に誘われる可能性があります。これらの暖かい飲み物シリーズの頂点に君臨するのが、実はこれから紹介するオニオンスープなのです。

ここでも紹介しているように、玉ねぎを食べることによってそもそも安眠効果を得ることができるのですが、その中でも生で食べることが良いとされています。というのも、熱を加えて炒めたりした場合には、甘みや旨味は増しますが、栄養成分がなくなってしまうのです。

一方で、オニオンスープならば、熱をかけて栄養成分が外に出たとしても結果としてスープの中にあるので、体内に吸収することができます。その結果、寝る前に飲むことで、身体を温め血流を改善しつつ、リラックス効果も得られます。

寝る前なので、あまり濃い味付けにする必要はなく、ほんのりと塩で味付けする程度ですませて、体を温めましょう。体を温めたい場合には、生姜などを足すなどの工夫をしてみましょう。

食べなくても枕元に玉ねぎを置くだけで、安眠効果が得られる楽チン方法!

玉ねぎの匂いは、身体への刺激臭はあるのですが、それとは反対に臭いを嗅ぐことで脳からはリラックスしている証であるα波が出るほど、心が穏やかになりつつリラックスもできているといわれています。

さらには先ほども紹介したように自律神経の鎮静効果もあるので、睡眠にとっては、プラス効果だらけなのです。

寝ることにとって、脳がリラックスしていることは最も重要で、質の良い深い眠りに導いてくれます。そのため、昔から日本だけでなく欧米においても、民間療法としてスライスした玉ねぎを枕元に置いて寝るという方法があります。

玉ねぎの匂いは揮発するため、自然と嗅いで脳をリラックスさせることでα波が出やすくなると言われています。

方法は、本当に簡単で、玉ねぎをスライスして枕元に置くだけです。コツとしては、玉ねぎはほんのりと香りが匂う場所に置くということです。匂いが強いと逆に集中できず、眠れなくなるので逆効果になってしまいますので気をつけてください。

まとめ

玉ねぎの印象としては料理のアクセントだったり、美味しいけど涙のでる野菜程度だったかもしれません。玉ねぎには硫化アリルという成分が含まれていることで、安眠効果が得られることがわかって頂けたのではないでしょうか。

安眠効果だけでなく、血行促進や、自律神経や脳神経をリラックスさせてもくれるので、ちょっとした健康効果として日頃の生活習慣に取り入れることで、より良いリラックス生活が送れるかもしれませんので、ぜひともオニオンスープを飲んで、枕元にスライス玉ねぎを置いて、安眠にチャレンジしてみてください。

玉ねぎがない場合には、長ネギやらっきょうでも効果があるので、ぜひ食卓にこれらの野菜があった場合にはお試しください。きっとぐっすりとした安眠が待っています。