アロマの香りで癒されよう!安眠におすすめのアロマオイル8種

安眠・快眠グッズ

すっきりした気分で朝を迎えられるだけで、その日一日がスムーズでハッピーになりますよね。しかし、厚生労働省の調査によると、睡眠に満足できていない人が5人に1人もいるということが分かっています。

寝不足の状態では化粧ノリが悪いだけではなく、日中常に眠くて仕事の効率が悪かったり、頭痛でプライベートの予定をキャンセル、ということにもなりかねません。そんな時は、大好きな香りで癒されることをおすすめします。

選ぶオイルの種類次第で、リラックスだけではなく色々な効果が期待できるんですよ。

眠れない夜にはアロマテラピーを試してみよう

不眠にお悩みの方で、香りが好きな人にぜひ試してもらいたいのがアロマテラピーです。

人が良質な睡眠を取るために大事なのは、何よりもリラックスした状態でベッドに入ること。アロマオイルは香りで脳を刺激し、自律神経やホルモンの分泌に働きかけてくれます。

例えば、リラックス効果があるアロマオイルを焚くと、香りが視床下部にダイレクトに届き、自律神経は副交感神経が優位になります。

副交感神経が優位な状態とは、呼吸がゆっくりとして落ち着いた、いわば「睡眠に適した」状態。アロマテラピーはただ香りがよくリラックスできるというだけではなく、実際に体への効果も期待できるものなんです。

不眠症かも、という人におすすめのアロマオイルは?

一口に不眠と言っても、タイプ別に4つに分けることができ、さらにそのタイプによっておすすめのオイルや使用方法は違います。

  • 入眠障害
  • ベッドに入ってから寝付くまでに30分~1時間以上もかかるならこのタイプが心配です。精神的なストレスが原因になることが多いと言われています。
  • 中途覚醒
  • 夜中に何度も目が覚めてしまうならこのタイプを疑いましょう。一度目覚めた後、なかなか寝付けなくなってしまうのが特徴です。
  • 早朝覚醒
  • 朝予定時間より2時間以上早く目覚めてしまい、高齢者に多いのが特徴です。
  • 熟眠障害
  • しっかり眠ったはずなのに、日中に眠気を感じたりすっきりしないならこのタイプです。睡眠の質の低下が原因となっていることも多く、他のタイプの不眠症を伴うことが多いです。

寝つきを良くし、ぐっすり眠ることができるオイルはこの5種

「入眠障害」や「中途覚醒」が気になる人におすすめなのが、リラックス効果や鎮静効果があるタイプのアロマオイルです。いろいろな種類があるので、好みに合わせて好きな香りを選びましょう。

  • ラベンダー
  • 鎮静効果や神経を安定させる作用があるとして知られていて、安眠におすすめのハーブと言えばラベンダーです。ストレスを癒す効果があるとともに、爽やかで優しい香りは就寝時にぴったりです。
  • カモミール
  • カモミールには「カモミール・ローマン」と「カモミール・ジャーマン」の2つがあり、香りが大きく違います。このうち、アロマテラピーにおすすめなのは「カモミール・ローマン」です。鎮静効果に加えて抗炎症効果もあり、アロマテラピー以外にも使うことができます。
  • ベルガモット
  • 柑橘系のさわやかで甘い香りのオイルです。鎮静効果・リフレッシュ効果に優れ、心を明るく上向きにしてくれます。考え事で眠れない夜におすすめです。
  • ローズウッド
  • 不安や緊張を抑え、安定した精神状態に整えてくれます。落ち着く樹の香りの中に甘いバラがほのかに香り、女性に人気が高いオイルです。
  • イランイラン
  • 強い甘い花の香りが心を落ち着かせ、リラックスさせてくれます。また、アドレナリンを抑えてくれるのでストレスを和らげる効果もあります。
  • サンダルウッド
  • 落ち着いたウッディーな香りが心を落ち着かせ、安眠へと導いてくれます。

朝すっきりと目覚め、さわやかな気分で一日を始めたいならこの3種

「熟眠障害」が気になる人におすすめなのが朝アロマです。すっきりした香りのものがおすすめです。

  • レモン、グレープフルーツ、ライムなどの柑橘系
  • 柑橘系の香りは気分転換やリフレッシュの効果が高く、朝に特におすすめです。
  • ユーカリ
  • 集中力を高め、やる気を上げてくれるユーカリ。朝に使うと一日の仕事の効率アップが期待できます。
  • ペパーミント
  • 清涼感があるペパーミントなら、まだ眠い頭を刺激してすっきり目覚めることができます。眠気覚ましにはぴったりのハーブです。

寝る前に使うならどんな使い方が効果的なの?

「眠れないかも」と心配に感じているとき、あなたの心は既に神経が高ぶって緊張した状態になっています。そんな夜には、いくつかのアロマオイルを組み合わせて好きな香りと効果の両方を重視してみても良いでしょう。

また、さらに効果的な使い方としておすすめなのは、人が眠くなるメカニズムに合わせてアロマを活用することです。

人は夜になると「メラトニン」という睡眠ホルモンが分泌されて休息の準備に入ります。その準備に合わせてアロマを活用すると、さらに大きな効果が期待できるんですよ。

柔らかい光のアロマランプやアロマポットでリラックス効果

安眠効果が得られる使い方としておすすめなのが、オレンジ色の柔らかい光を使ったアロマポットやアロマランプです。

人は夜になるとメラトニンが分泌されて眠りの準備に入りますが、明るい白熱灯の下ではメラトニンの分泌は抑えられてしまいます。そのため、良質な睡眠を取りたいなら夕食後は間接照明で過ごすことが推奨されています。

その間接照明と共に柔らかい光のアロマポットなどを活用することでメラトニンの分泌・アロマの効果がさらにアップし、スムーズに眠りにつくことができるんです。

浴槽や足湯に使うと深部体温が上がり安眠効果がさらに高まる

入浴時に浴槽にアロマオイルを1、2滴落とす使い方もおすすめです。

人は眠りにつく際、体にこもった熱を手足から発散させて深部体温を下げます。赤ちゃんや子供が眠くなると手足がポカポカしてくるのは、自然にこういったことができるからなんですね。

熱の発散をするためには一度体温を上げて毛細血管が開きやすくする必要があるわけですが、それに役立つのが入浴です。ぬるめのお湯にじっくり浸かることで体の深部まで温まりつつリラックス効果が得られ、スムーズに熱の発散ができ、良質な睡眠をとることができます。

そこに鎮静効果があるアロマオイルを垂らすだけでさらなる相乗効果が期待できます。

ただ一点、注意して欲しいのはいきなり精油を大量に入れないことです。肌への刺激になる場合もありますので1滴から始めましょう。

朝の目覚めに使うなら、メイク中のスチームがおすすめ

朝、アロマを取り入れるなら、マグカップにお湯をはり、そこにオイルを数滴垂らしてドレッサーやメイク台の手元に置いておくのがおすすめです。ほのかな香りが嗅覚を刺激し、頭をすっきりさせてくれます。

また、毎朝シャワーを浴びる習慣があるなら浴室の床にオイルを数滴垂らしてからお湯を出すのも良いでしょう。湯気でアロマの香りが立ち上り、朝のシャワータイムが楽しみになりますね。

それよりも朝はベッドから出るのが一番大変、という人にはベッドの中でアロマの香りを嗅ぐことをおすすめします。

ベッドサイドにアロマオイルとハンカチなどを置いておき、目が覚めたら香りを染み込ませたハンカチを顔にあてて香りで目覚めるようにしてみましょう。びっくりするほどスムーズに起きられるかもしれません。

まとめ

一口にアロマオイルと言っても、それぞれ効果は違いますし香りも全く違いますよね。

あの香りが好きだけど、効果はこっちのオイルなのかな…そう悩んだら、好きな香りを選ぶことが一番です。何よりも好きなものに囲まれることで人は気持ちが前向きになり、リラックスできます。

大好きな香りですっきりした朝を迎え、ハッピーな一日にしましょう!