毎日睡眠不足で辛い…その悩み、スマホのブルーライトが原因かも?

眠れない原因と不眠対策(眠りの知識)

「毎日全然眠れなくて疲れが取れない…」そんな悩みをお持ちではないですか?睡眠は1日の身体の疲れをとるのに必要な行動です。元気じゃないと学校や仕事に行くのも嫌になってしまいますよね。

どうして夜眠れないのか…それはあなたが普段よく見ているスマホから発せられている「ブルーライト」が原因かもしれません!なぜブルーライトを浴びると睡眠不足になりやすいのでしょうか?

本記事ではブルーライトが睡眠に及ぼす影響と対策について紹介していきます!

「ブルーライト」を浴びるとなぜ睡眠不足になるの?

そもそも「ブルーライト」とはどういうものかわからない方も多いと思います。ブルーライトとは、光の波長が380~550ナノメートルの青色光の事を指します。人が見ることの出来る可視光線の中でも非常に強いエネルギーを持つ光とされています。このブルーライトですが、実は私たちが日頃よく使っているパソコンやスマホなどから発せられる光に多く含まれているのです。

前述したようにブルーライトは強いエネルギーを持っているため、目や身体に大きな負担をかけると言われています。ずっとスマホやパソコンを見ていると身が疲れるといった経験をしたことある人もいると思いますが、それは主にブルーライトのエネルギーによって目が疲れてしまうのが原因です。スマホやパソコンの普及で人体に負担の大きいブルーライトを夜にも浴びる機会が増えてしまったことで、睡眠に悪影響が出ているのです。

「ブルーライト」を見ると体内時計が乱れてしまう

ブルーライトを浴びるとなぜ睡眠不足になってしまうのでしょうか?それは、ブルーライトの刺激によって生体リズムを調整する「体内時計」が乱れてしまうからなのです。人間は1日周期で身体の機能を調整する「体内時計」が備わっており、無意識のうちに日中は心身が活動状態、夜間はリラックス・休息の状態に切り替わるようになっています。

睡眠を促すためのホルモン「メラトニン」は、朝に日光を浴びることで分泌が止まって身体が活動状態になり、14〜16時間ぐらい経過すると再びメラトニンが分泌されるようになり徐々に眠気を感じるようになります。この一連の生体リズムが体内時計にプログラムされています。なので、本来体内時計がしっかり機能しているのであれば夜になれば自然に眠気が押し寄せてくるようになるはずなのです。

しかし、夜にスマホやパソコンを見てしまうと、強い光であるブルーライトを感知した身体が「今は昼だ!」と勘違いしてしまいます。すると朝に日光を浴びた時のように睡眠ホルモンであるメラトニンの分泌が抑えられてしまって身体が活動状態になってしまい、結果本来眠くなる時間帯であるはずの夜に眠くなくなってしまうのです。

睡眠を十分にとるためにはどうすればいいの?

ブルーライトが睡眠に及ぼす悪影響を紹介してきましたが、スマホやパソコンが生活に密接に関わっている現在、全く触らないようにするのは難しい話です。なので、せめて睡眠に一番影響の大きい「寝る前」の時間帯に絞って対策を取るだけでも大きく睡眠時間に違いが出てきます。寝る前にどのような事に気をつければよいのでしょうか?とってもシンプルな解決方法を紹介します。

寝る前にはスマホなどの電子機器を見ないようにする

寝る前にスマホやパソコンを見ないこと、これに尽きます。でも近くにあるとついつい見てしまうのがスマホの怖いところです。なので、物理的に布団やベッドから届かないところに置いてしまうのが良いでしょう。また、「スマホは〇時まで見る!」という風に見る時間を決めてしまうのも良いでしょう。寝る予定時間から少なくとも1時間前くらいには見ないようにするのがおすすめです!

スマホなど電子機器を使わない趣味や習慣を作る

「スマホを見ない!」と決めたものの、いつもスマホを見ていた時間に何もしないと暇を持て余して誘惑に負けてスマホについつい手がのびてしまうことも大いにあり得ます。なので、スマホなどを使わない寝る前の習慣を作ることをおすすめします!例えば音楽を聴いてリラックスする、軽くストレッチする、アロマの香りを楽しむといった習慣はよりリラックスできて快適な睡眠を取れるようになりますよ!電子機器を使わない趣味や習慣をこの機会につくってみるのも良いですね。

寝る前はブルーライトから離れてぐっすり眠ろう!

いかがでしたでしょうか?寝る前に睡眠を邪魔するのはブルーライトです。今は学校でも仕事でもパソコンなどの電子機器に触れる機会が増えたのでいつもの生活でも十分に眼も身体も疲れています。

だからこそ寝る前のちょっとした時間だけでもスマホやパソコンから離れて、しっかりと身体をいたわる時間を作ってあげましょう!