布団が睡眠を左右する?安眠を促す布団の選び方とおすすめをご紹介!

安眠・快眠グッズ

普段使っている布団に、こだわりはありますか?なんとなく選んだものを使っている人も多いかもしれませんが、実は布団は眠りの質を左右する重要なアイテムなんです!「眠れない」「途中で何度も起きる」という症状は、もしかしたら布団のせいかも…?

ここではそんな睡眠と布団の関係や、布団を選ぶ時の2つの重要なポイント、安眠しやすいおすすめの布団などをご紹介していきます! 不眠が気になる人はもちろん、「寝ても疲れがとれない」という人もぜひチェックしてみてくださいね。

眠れない原因は布団にあった?睡眠を妨げる原因は?

毎日使う布団、寝にくいな…と感じることはないでしょうか。

その寝にくさや不快感は、寝る前に感じるものだけではありません。寝てからも、体や脳は感じ続けているものなのです。その結果、眠れたとしても途中で起きてしまったり、起きた時の体の痛みや疲れを感じやすくなります。

思い当たる節がある人は、布団と睡眠の関係や睡眠の質が低下する原因をもう少し詳しく知っておきましょう。

布団が悪いと睡眠の質が低下する、その理由とは…

私たちは寝ている間に無意識に寝返りを打っています。これには“体の負担を減らすため”というちゃんとした理由があるのです。これにより体重が同じ場所にかかることがなく、痛みや疲れを防ぐことができるというわけですね。

ところが、敷き布団が硬い…という環境の中で睡眠に入ると体は疲れを感じやすくなり、その分寝返りも多くなります。

また掛け布団が重い…という環境にあると、今度は反対に寝返りがうまく打てなくなります。これらが眠りの浅さや疲れに繋がるのです。

布団の通気性が悪い、体温が保てない、という場合にも眠りの質は低下します。寝ている間にかく汗で蒸れたり、体が冷えてしまったり…湿度や温度がうまく調整できないことも不眠の原因になってしまいます。

布団以外に考えられる睡眠トラブルの原因は…

布団は確かに睡眠に影響しますが、考えられる原因はそれだけではありません。例えば布団と同じ環境に関する原因には、部屋の湿度・温度、照明の明るさ、合わない衣類などが挙げられます。

その他には、不安や緊張、イライラ、うつなどの精神的要因。悩み事が合って眠れない…なんて経験は誰にでもあるのではないでしょうか?

また腰や背中の痛み、病気などの身体的要因、起床時間や食事時間が不規則、外出や運動をしないといった生活習慣の乱れも不眠の原因として挙げられます。

ぐっすり眠れる布団を選ぶ時の重要なポイントは?

前章でもお伝えしたように、布団は睡眠の質を左右する重要なアイテムです。その布団を自分に合ったものに変えるのは、不眠対策の中でもかなり有効な方法なんですよ。

睡眠中の体の負担を減らせるのはもちろんですが、寝つきの悪さの原因である不安や緊張、体の痛みを和らげる効果もあります。

ここからは安眠を促すにはどんな布団を選べばいいのかについて、具体的に解説していきます!布団選びの重要なポイントをチェックしていきましょう。

敷き布団は体が支えられる適度な硬さを選ぶ!

人間の背骨はまっすぐではありません。S字のように緩やかなカーブがかかっています。寝ている間もこの形をキープできる敷き布団が理想です。

柔らかな低反発の布団は一見寝心地がよさそうに思えますが、あまりおすすめはできません。柔らかすぎて体が沈み込むと体勢が崩れて、背骨や腰に負担がかかってしまうからです。

高反発で、体をしっかり支えられるものを選びましょう。ただし硬すぎるものもNG。これもまた背中や腰への負担、痛みなどに繋がります。体が沈まない硬さと痛みが出ない程度の柔らかさ、どちらもあわせ持つものがベストです。

掛け布団は軽くて保温性があるものを選ぶ!

寒くなるからと何枚も掛け布団をかけていませんか?布団をかけ過ぎると体が圧迫されて寝返りが打ちにくくなり、体に負担がかかってしまいます。

選ぶ時は軽いもの、なおかつ敷き布団・体・掛け布団の間に隙間が大きくできないものを選びましょう。寝返りが自然と打てて、さらに寒さや冷えも防ぐことができます。

詰め物は真綿や羽毛がおすすめ。空気を含むので軽く、ふんわりと体にフィットするのが特徴です。吸った湿気も外へ放出されやすく、汗で蒸れにくいというメリットもあります。

外側の生地も重要。化学繊維は比較的リーズナブルですが、寝心地を優先するなら天然素材である綿がおすすめ。触り心地がなめらかで、動いた時のカサカサ音もありません。通気性にも優れています。

安眠・快眠ができる!おすすめの布団をご紹介!

布団にもいろいろな種類があります。選ぶ時のポイントが分かったとはいえ、実際に選ぶとなると迷ってしまうという人もいるかもしれません。そこでここでは、安眠に効果のあるおすすめの敷き布団&掛け布団をいくつかご紹介していきます!

保温性・放湿性に優れたもの、体の痛みや負担に対応したもの、年間を通して使えるものなど、品質の高いものや人気・注目度の高い布団をまとめました。ぜひ参考にしてみてくださいね。

“エアウィーヴ” 昭和西川オリジナル四季布団 シングル

価格:118,800円(税込)

日本の寝具ブランドが開発したエアウィーヴ素材(網目繊維構造)の高反発敷き布団です。通気性・保温性どちらも優れていて、四季問わず快適な眠りをサポートしてくれます。

腰部分が硬く、足や肩部分は柔らかくなっているのが特徴。体を支えると同時に、寝返りがスムーズに打てるようにつくられています。

「夏も冬も快適に眠りたい」「値段が高くても、質の良いものが欲しい!」という人におすすめ。抗菌防臭加工のアウターカバー付きで、清潔に使えるのも魅力です。

モットンジャパン 腰痛対策マットレス“モットン”シングル

価格:39,800円(税込)

高反発ウレタン素材でできたマットレスで、体をふんわり支える適度な反発力があるのが特徴です。体への負担と不要な寝返りを減らし、安眠を促してくれます。腰痛がある人にも最適なマットレスです。

通気性にも優れているのが特徴で、汗をかいても蒸れません。高さが10cmあり、ベッドのマットレスとしてはもちろん、そのまま敷き布団としても使えます。取り外し可能なカバー付きで衛生面も◎。

昭和西川 ムアツ・羽毛布団2点セット シングル

価格:84,240円(税込)

特殊ウレタンフォームでできた敷き布団“ムアツ”。適度な硬さと、クッション性の高さが特徴です。たまご型のデコボコが背中を支え体が沈み込むのを防ぎ、正しい寝姿勢をキープ。血行不良や過剰な寝返りを減らし、眠りの質を高めます。

フロア用・ベッド用どちらもあり!もちろん掛け布団の品質も◎です。ダウン93%の綿素材で、ふっくら軽くて暖かく触り心地もなめらか。ムアツと合わせることでより高い安眠効果が期待できます。「質の良いものを、セットでお得に…」と考える人にはおすすめです。

タンスのゲン 日本製羽毛布団シングルロング

価格:17,064円(税込)

快眠セラピストが監修した、ホワイトダックダウン(羽毛)85%の掛け布団です。混入物を取り除き、130℃以上の高温で一気に加熱したダウンはボリュームがたっぷり。それでいて超軽量。体に優しくフィットして、体に負担をかけず体温を保ちます。

通気性にも優れているのが特徴です。肌触りなめらかなピーチスキン加工で、眠りの質がより高まります。

特殊加工“SNフレッシュ”によって、花粉、ダニ、ハウスダウトなどアレルギーの原因物質を無害化する効果や、羽毛・汗のにおいを軽減する消臭効果も。「清潔に使い続けたい」という人にはぴったりです。

高品質の国内産なのに、価格が比較的リーズナブルなのも嬉しいポイント。

丸洗いOK!羽毛を超えた次世代掛け布団 グースリー

価格(シングルセット):35,600円(税込)~

夏の寝冷え対策に最適な肌掛け、春・秋をメインに活躍する合掛け、寒さが辛い冬向けの本掛けと3つのタイプから選ぶことができ、季節によって使い分けが可能。抗菌・防臭加工で、年間を通して清潔に使えます。

「動物臭がする」「時間が経つとぺちゃんこになる」「中の羽毛が左右に偏る」「ほこりが出やすい」など、羽毛布団にありがちなデメリットを独自開発の新素材ダウンボールを使用することですべてカバー。

高い通気性・吸湿性で汗をかいても蒸れにくく、質の良い眠りにつきやすくなります。自宅で丸洗いもできて、さらに速乾性がありすぐに乾くから小さな子供がいる家庭にもぴったりです。

京都ロマンス小杉 真綿&羽毛でできたロマンスナイト

価格:108,000円~

日本の寝具メーカーの老舗で、厳しい品質管理の元つくられた羽毛布団です。羽毛の中でも高品質とされるマザーグースのダウンを使用しています。

その羽毛を真綿で挟み込む特殊な三層構造が最大の魅力。真綿が羽毛の湿度を吸収して外へ放出するから、寝ている時の蒸れもありません。

また冷気を防ぐと同時に温度を保つ効果があり、寒い季節にもぴったりです。キルトのつくりが上面と下面で違うのも特徴。それによりふんわり感が高く、足元・襟元にはフィット感があるからぬくもりも持続します。

布団を変えてぐっすり安眠&リフレッシュしよう!

ぐっすり眠れていないなどの感覚があるのなら、それは今何気なく使っている布団に原因があるかもしれません。

硬すぎる、または柔らかすぎる布団を使っていませんか?通気性が悪く、重たい掛け布団を使っていませんか?心当たりがある人は、安眠しやすい布団をチェックしてみましょう。

敷き布団は体を支えることのできる適度な硬さのあるものに、掛け布団は軽くて暖かい通気性の良いものに変えることで、睡眠不足の解消が期待できます!

また、「寝ても前日の疲れが抜けない…」という人や「今まで寝具のことを気にしたことがなかった」という人も、これを機に自分に合った布団を取り入れてみてはいかがでしょうか。

質の良い眠りを促して、不眠トラブルと疲れを吹き飛ばしましょう!