夜中に目が覚めるのは中途覚醒!解消グッズとサプリメントで解決!

夜中に目が覚める原因と対策(中途覚醒)

みなさんは夜中に目が覚めたことはありませんか?誰しも何度かは夜中に目が覚めたことはありますよね。

たまに夜中に目が覚めるくらいなら特に問題ありませんが、それが週に何度も起きてしまったら、生活にも支障をきたしてしまいます。

実はこの夜中に目が覚めるのにしっかりとした原因があるのです。

ここでは、夜中に目が覚める原因を紹介するとともに、覚醒(起きてしまうこと)に関係している睡眠障害や、その対策や解消するためのグッズやサプリメントなどを紹介していきます。

夜中に目が覚める原因は、中途覚醒にある?覚醒の種類は1つじゃない!

夜中に目が覚める原因は、何も偶然なわけではありません。睡眠の流れや深さに影響を与える睡眠障害が原因となっています。

4つある睡眠障害の中でも、特に重要なのは中途覚醒でこの睡眠障害によって、夜中に目が覚めてしまっているのです。

ここでは、まずは夜中に目が覚める原因となっている、中途覚醒について詳細な紹介をするとともに、どのような人に起きやすいかとその他の睡眠障害との違いなどを合わせて紹介していきます。

中途覚醒などの睡眠障害は、もしかしたら不眠症などともつながっていくので注意が必要です。

夜中に目が覚めるといえば、中途覚醒!途中で目が覚めて眠れない!

夜中に目が覚める原因として、もっとも考えられるのは中途覚醒という睡眠障害です。

この中途覚醒は途中で目が覚めて眠れないという症状をもっています。

しかも、この中途覚醒は起きてしまったら、そのあと寝つけなくなってしまう症状のことです。

中途覚醒の症状が以下のようなレベルで発症していたら、不眠症である可能性があるので、医師に相談することをオススメします。

  • 一晩に2回以上目が覚める
  • 起きてしまったら寝つけなくなってしまう
  • 1週間に3回以上症状がある
  • これらの症状が3ヵ月以上続く

また、中途覚醒は、覚醒と睡眠のバランスが崩れてしまうことで引き起こされているので、加齢によって、起きる回数が増えてくるとも言われています。生活リズムだけでなく、後半でも紹介しますが、病気などでも引き起こされるので、いろいろな原因を考慮にいれなければなりません。

中途覚醒になるのはこんなタイプ!年齢や生活のリズムがダイレクトにかかわる!

中途覚醒には、高齢者や生活のリズムが不規則な人に起きやすいと言われています。

高齢者の場合には、加齢にともなって睡眠の状態が変化して、60歳以上になってくると、レム睡眠とノンレム睡眠のサイクルが不安定になってしまい、中途覚醒が起きると言われています。

生活リズムが不規則な人の場合には、太陽の動きのリズムが狂ってしまうことで引き起こされてしまいます。通常、人間は睡眠と太陽の動きが連動しているので、このリズムが崩れることで睡眠に障害が起きます。中途覚醒はこのリズムの崩れでも引き起こされてしまうのです。

さらに中途覚醒は、ストレスなどの精神面が大きく関与しているので、真面目で責任感の強い人でも起きやすい睡眠障害です。真面目な人は、家にいても、眠る前でも仕事のことなどを考えてるのでストレスを長く抱えやすいのです。そのため、中途覚醒を引き起こしやすくなります。

睡眠をさまたげる要因は中途覚醒以外にも!入眠障害、熟眠障害、早朝覚醒!

中途覚醒以外にも、睡眠をさまたげる睡眠障害はまだまだあるので、この機会に覚えて起きましょう。もしかしたら、夜中に目が覚めてしまっている原因が中途覚醒じゃない可能性もあるので知っておくと対処がしやすくなります。

中途覚醒以外には、入眠障害、熟眠障害、早朝障害の3つがあります。

まずは、入眠障害は、寝ようとしていてもなかなか寝つけない睡眠障害で、ベッドや布団に入ったとしても、1時間以上は眠ることができません。主な原因としては、ストレスなどの精神的なものが考えられます。

熟眠障害は、眠りがとても浅いために、睡眠時間をとっていたとしても、熟睡できている感じがなく疲れがとれないタイプです。原因としては、ストレスとアルコールなどの摂取などでも引き起こされています。

早朝障害は、起きたい時間よりも2時間以上前に起きてしまう症状で、起きてしまったらもう寝れなくなってしまう睡眠障害です。こちらはストレスというよりは環境的な問題、光や音などによってお引き起こされることが多いようです。

夜中に目が覚める場合には、病気が原因の場合もあるの?

上記で紹介したような中途覚醒などは、食事や運動などの生活習慣だけではなく、病気が原因でも引き起こされる可能性があるのです。特に呼吸を乱すような病気の場合には、睡眠そのものに障害を起こしているだけでなく、生命に危険を及ぼす病気である可能性もあるので、医師に相談した方が望ましいでしょう。

それ以外にも脚の病気なども解消しなければ改善しませんし、心の病にいたってはそれがすべての元凶である可能性が大なので、まずはその原因を突き止めることからはじめましょう。

呼吸を狂わすSASやCOPDって何?夜中に目が覚める原因かも

夜中に目が覚める可能性のある病気としては、睡眠時無呼吸症候群(SAS)と慢性閉塞性肺疾患(COPD)があげられます。SASは、寝ている間に気道が閉塞してしまう病気で、以下のような症状が出る場合にSASと診断されます。

  • 10秒以上の呼吸停止が1時間に5回以上
  • 7時間の睡眠の間に30回以上

睡眠中に呼吸が制限されることで、脳に酸素が行きわたらなくなり、その結果、眠りが浅くなるために中途覚醒が起きます。

COPDは、「慢性気管支炎」や「肺気腫」などの呼吸に関するいろいろな病気の総称となっており、いろいろなパターンがあります。タバコの煙などの有害物質が原因で、肺が炎症を起こすことで呼吸に何らかの不具合を引き起こし、呼吸がしづらくなってしまうのです。

高齢者に多く、睡眠中に呼吸の異常を感じることで、夜中に目が覚めてしまいます。

むずむず脚症候群や周期性四肢運動障害などの脚の異常が原因かも

夜中に目が覚める原因としては、脚がかかわってくる可能性があります。

これから紹介する脚の病気は通常の生活をする上では特に問題なく生活できており、実際に夜中に発症している時も無自覚なので、自分ではない誰か、例えば家族などに確認してもらう必要があります。

その原因となる病気としては、「むずむず脚症候群」と「周期性四肢運動障害」が考えれらます。

むずむず脚症候群は、名前のとおり、以下のような症状があります。

  • ムズムズと虫が脚に這っているような感覚
  • 痛がゆいなどの不快感
  • 脚を動かさずにいられない

じっとしていると症状がヒドくなってしまうので夜に目が覚めてしまう可能性があります。周期性四肢運動障害は、寝ている間に以下のような症状が、1時間に10回以上起きます。

  • 脚の関節が反り返る
  • 膝がぴくっと上がる

夜中に目が覚めないための対策は、食事やストレスだけじゃない!

夜中に目が覚めないようにするには、放っておいては何も好転することはありません。

一時的に夜中に起きるようになってしまったり、一時的なストレスなどで夜中に目が覚めてしまっていたのなら、その原因が解消されれば、治るかもしれませんが、そうではない場合にはそう簡単には治りません。

ここでは、夜中に目が覚めないための対策として、ストレス解消や科学的な呼吸方法、そして、自分独自の対策方法などについて紹介していきます。

過度なストレスや緊張状態は、ノンレム睡眠を減らす!

夜中に目が覚めてしまう原因の1つにストレスが考えられるのはすでに紹介しましたが、これは結局のところ、深い眠りをむかえられないことが問題になります。

睡眠には、深い睡眠であるノンレム睡眠と、浅い眠りであるレム睡眠があるのですが、ストレスが強いと圧倒的にノンレム睡眠が減ってしまいます。その結果、夜中に目が覚めてしまいやすくなっているのです。

もちろん、ストレスを感じないように生活するのは、現代社会においてはかなり難しいのですが、解消することは可能なはずです。ストレスをすぐに解消することは非常に難しいので、自分の好きな趣味に没頭したり、軽めの運動をするなどのリラックス方法を考えましょう。

特に重要なのは、寝る前にストレスを感じていないことなので、出来れば運動などだけではなく、音楽を聞いたり、本を読んだりしてリラックスする方法を探しましょう。

科学的に覚醒を制御する方法を試すのもあり!刺激制御療法って何?

刺激制御療法とは、寝室を「眠る場所」と脳の中にインプットする方法です。そんなことは当たり前なのですが、このイメージトレーニングは体や脳にとってとても大事なことなんです。

普段眠るベッドの上で、何か他の作業などをしていませんか?特に布団の人などは多いのですが、そのまま敷きっぱなしでゴロゴロテレビをそのまま見たり、何か他のことをしていませんか?この刺激制御方法は、寝室を眠る時だけ使うようにする方法です。そうすることで、寝室に入ったら自然と脳が眠ろうとするということになります。

脳を誘導するためにいくつかの注意点があるので、以下の注意点を参考にしてください。

<刺激制御療法のやり方>

  • 眠くなった時だけベッドや布団につく
  • テレビを見たり、仕事をするなど、睡眠以外の作業をベッドでしない
  • 眠くなるまで、寝室に入らない
  • 昼寝はなるべくしない

自分独自の解決方法をいろいろ試してみるのもあり!

夜中に目が覚めることを解消するための対策には、必ず解決できるというものはありません。それではどうすればよいのでしょうか?自分で独自の方法を編み出すのです。

もともと、睡眠を妨げることを多くは精神的なことがかかわってきているのですから、自分独自でその流れを変える方法があるかもしれないのです。

その1例としてあげられるのが、「時計をみないこと」や「いったんベッドや布団から出る」という方法です。時計を見ないというのは、単純に起きるたびに時間を見るとさらに焦りを駆り立てたりしてしまうからです。

逆に、布団から出るのはいい方法です。布団から出て少しだけでもリラックスしたり、少し体を動かしたり、トイレに行ったりとちょっとだけでも体を動かすだけで、次にベッドや布団に入った時にすんなり眠れたりします。

このように何でもいいので、ちょっとだけでもいつもと違うことをして、目が覚めないようにする工夫をしてみましょう。

夜中に目が覚めないためにオススメのサプリメントってある?

夜中に目が覚めないためには睡眠に関する成分をサプリメントから摂取するという方法があります。睡眠を誘導するには、いろいろなアミノ酸やビタミンによって可能となりますが、食事などで摂取していても必要な量にはなかなか届きません。

ここではもっとも最速な解決方法として睡眠サプリメントをオススメします。特に夜中に目が覚める人に向いている成分をふんだんに含んでいる睡眠サプリメントを3つ紹介しますので参考にしてください。

潤睡ハーブで赤ちゃんの頃のような深い睡眠で朝スッキリ!

潤睡ハーブは、4つのこだわりポイントで夜中に目が覚める睡眠不足を助けてくれます。

  • 他のサプリメントにはないクロレラによる必須アミノ酸の高配合バランス
  • 植物由来にこだわった成分
  • イライラや女性に嬉しい冷えを防止サポート
  • 持続できるように低価格設定(1日66円)

潤睡ハーブは、ぜひとも今までいろいろ取り組んだけどそれでも満足できていない人にこそチャレンジしてもらいたい新感覚の睡眠サプリメントになります。必須アミノ酸が豊富に含まれているので、お互いのアミノ酸が相互に作用して、睡眠のための休息を促してくれます。

さらに、発酵GABAによるイライラ防止サポートと、ラフマエキスによる心の安定は、必須アミノ酸の力を後押ししてくれます。

モンドセレクション金賞の力で夜中も起きずにぐっすり!グッドナイト27000

グッドナイト27000は、朝が来るのがプレッシャーで眠れない人や休息してもまったく朝スッキリしない人のための、睡眠サプリメントになります。名前が少し怪しいように思われますが、この「27000」という数字がとても大事なポイントで、以下のように睡眠成分を27000mgも含んでいるということなんです。

  • L-テアニン・・・・・6000mg
  • ラクティウム・・・・2700mg
  • GABA・・・・・・・3060mg
  • グリシン・・・・・・7380mg
  • ラフマ・・・・・・・1800mg
  • カモミール・・・・・2700mg
  • トリプトファン・・・3060mg

これらの成分は、どれも睡眠を改善する効果をもっていて、これだけ含んでいれば安心です。しかも、グッドナイト27000はモンドセレクション金賞を受賞しているので品質は保証されています。

爽眠αで朝まで熟睡して、寝起き爽快で幸せモードに!

爽眠αは、朝までしっかりと熟睡することを目指した、L-テアニン200mg配合の機能性表示食品のサプリメントです。L-テアニンを摂取すれば、夜中に目が覚めることを軽減し、寝起き後の疲労感の回復や熟睡感をもてるようになります。

爽眠は、以下のような人にこそ飲んでもらいたいサプリメントです。

  • ちゃんと朝起きたいのに起きた瞬間疲れてて二度寝をしてしまう
  • 次の日に寝坊しないかどうか不安で眠れない
  • 朝疲れがとれない
  • 疲れてるのになぜか眠れない

リラックス効果の高い、GABAやクワンソウなども配合されているので、テアニンと合わさってかなりのリラックス効果をもてます。これにより、中途覚醒も減少し、そもそもの睡眠時間が長くなることで、朝起きてもスッキリしていて、疲労感から解放されます。

いろいろなグッズを使って目が覚めない対策を練る!呼吸と睡眠医療のチカラを知る!

夜中に目が覚めないようにするためには、睡眠サプリメントでももちろん可能ですが、何か1つだけをしているよりも、いろいろな方法を試みて多角的にアプローチしていくことが対策としてはオススメです。

かといっても、どこにでも売っているような枕や布団、着心地のいいパジャマ、その他にもアロマテラピーなど、不眠に悩んでいる人なら、それなりにすでに試しているはずです。

ここではまだ聞いたこともないような新しいグッズと、徹底的に睡眠改善に取り組んでいるチームによるグッズを紹介します。

ツーブリーズ(2breathe)で呼吸を整えて睡眠へと誘導!

ツーブリーズ(2breathe)は、睡眠にあった自分の呼吸のリズムを教えてくれる、センサーとアプリを組み合わせたグッズです。

まず、センサー付きのベルトをお腹にまき、自分の呼吸パターンを読み取ってもらいます。その後、センサーを通してアプリにそのデータが読み込まれ、アプリからの自分の睡眠にとって最適なリズム音が流れることで、呼吸のペースをつかむことができます。

睡眠にとって、呼吸はとても大事であり、しっかりとした腹式呼吸をすることによって、全身に酸素がめぐり、血流もアップしてくれます。自然とリラックスした状態になることで、寝はじめの正しいリズムを取り戻し、眠りにつくことができるのです。

また、このツーブリーズは呼吸そのものを日頃から意識することにもプラスアルファとして働きます。瞑想やヨガなどでも取り入れられているように、呼吸はリラックスや精神安定などのプラスの効果があるので、ストレス解消にもつながるので睡眠改善のためだけでなく、日頃からとりいれることをオススメします。

睡眠医療のチカラで生まれたミンプラスでいろいろなグッズを揃えてみよう!

ミンプラスは、いろいろな快眠グッズを提供している快眠専門グッズブランドです。その中でも夜中に目が覚めてしまう人にオススメとされているのが、「眠気スッキリ枕」です。

夜中に目が覚めてしまう人の場合には、眠りが浅い特徴がありますので、この眠気スッキリ枕を使えば、眠りを深くするために最適な寝姿勢がとれる構造になっているので、眠りはじめの呼吸を深くしてくれます。

それ以外にも、「ひんやりジェルシート」などは、眠りはじめの脳をクールダウンすることで、深い眠りに入らせてくれます。コンパクトサイズなので持ち運びもできますし、シャワーで洗えるのでいつも清潔に使い続けることができます。

睡眠時の温度によって夜中に目が覚めている場合にも最適な温度管理グッズになります。

まとめ

いかがでしたでしょうか?

夜中に目が覚めるという状態は、次の日の生活に影響するだけでなく、その後、生活全体に影響するほどのダメージに広がる可能性があります。また、そもそもここであげた中途覚醒などの睡眠障害が長い期間続いている場合には、不眠症になる可能性もあり、放っておくといろいろな症状が発症する恐れもあります。

さらに、ここで紹介したような病気が原因の可能性の場合には、特に睡眠時無呼吸症候群(SAS)と慢性閉塞性肺疾患(COPD)においては、深刻な呼吸の病気なので早めの治療の必要があるかもしれません。

睡眠は人間の生活において、無くてはならないものなので、夜中に目が覚めるといった症状に悩まされている人は、まずは医師に相談し、どのような症状があるかを事細かく報告し、その後の対処方法を考えていきましょう。