不眠の原因は漢方で快方に導く!眠れない人必見の漢方3つ

睡眠を促すおすすめサプリ

不眠症を快方に導くために、睡眠薬や精神安定剤などの薬品を使ったことのある人は多くいます。ですが、薬がなかなか合わなかったり、免疫がついてしまって薬が効かなくなることも珍しくありません。

もし睡眠薬で効果の見られなかった人は、漢方薬を使ってみてはいかがでしょうか?漢方薬は、東洋医学独自のメカニズムで不眠に働きかけます。直接睡眠を誘発するわけではありませんが、不眠の原因を解消するための働きをしてくれる存在です。

どうして漢方が不眠に働きかけるのか、どんな漢方が不眠に効果があるのかについて見ていきましょう。

不眠の原因に働きかける!漢方が不眠に効くメカニズムをチェック

睡眠薬は西洋医学に基づいてつくられたもので、薬品の成分を利用して直接睡眠を誘発させるものです。これに対して漢方薬は東洋医学に基づいてつくられたもので、睡眠を直接誘発させるわけではありません。

漢方は植物の持つ効果・効能を利用して、身体の機能を呼び覚ますタイプの薬です。例えば冷え性で眠れない人には体温を上げる漢方で、神経の興奮で眠れない人にはリラックス効果のある漢方で不眠に働きかけていきます。

つまり漢方薬は、身体が眠りやすい状況をナチュラルに作り上げるための薬だと言えます。マイルドに身体に働きかけるため副作用の心配もなく、比較的多くの人が利用できるのが魅力です。

体調を整えるのが漢方薬の役割ですから、どんな風に体調を整えて不眠を解消するのかについて考える必要があります。漢方を選ぶ際は、自分の不眠の原因についてしっかり把握することが大切ですね。

不眠の原因で漢方を選ぼう。眠れない理由は心?それとも身体?

不眠に作用する漢方薬にはいくつかの種類があります。精神をリラックスさせるものだったり、体調不良を和らげるものだったり…漢方の役割は多種多様。

精神面の問題で眠れないのか、身体面の問題で眠れないのかを振り返りながら、漢方薬を選んでいきましょう。不眠におすすめの漢方薬とその効果についてご紹介していきます。

イライラを解消して安眠を促す黄連解毒湯

黄連解毒湯(おうれんげどくとう)は、神経の興奮で眠れない人におすすめの漢方薬です。イライラして落ち着かなかったり、上手く身体の力が抜けなかったりといった人に効果を発揮します。

黄連解毒湯は神経の興奮をはじめ、かゆみや腫れといった炎症を抑える働きがあります。血の巡りを落ち着けて、身体をゆっくりリラックスさせる効果が見られるのです。

炎症の抑制ということですから、皮膚のかゆみや胃炎といった症状で眠れない人にも効果を発揮してくれますよ。

また、「血の道症」と呼ばれる女性ホルモンの変動で起きる症状を抑える効果も期待できます。具体的な血の道症は、月経や更年期障害、妊娠、出産といったものですね。月経の近い女性の不眠にもおすすめの漢方薬です。

心身の不調を解消。便秘にも効く柴胡加竜骨牡蛎湯

柴胡加竜骨牡蛎湯(さいこかりゅうこつぼれいとう)は、精神的な不安で悩んでいる人におすすめの漢方薬です。目に見えないストレスに悩まされている人の心を落ちつけて、精神的なストレスを緩和させてくれます。

不安や緊張を緩和させる働きがあるため、精神的ストレスからくる不眠をはじめ、動機や便秘を緩和させる効果もあります。

大切なイベントの前によく眠れなくなってしまう人は、柴胡加竜骨牡蛎湯で心のザワザワを取り払ってしまいましょう。柴胡加竜骨牡蛎湯は身体の内側にこもってしまった熱を冷まし、気持ちを穏やかにする効果が得られますよ。

些細なことですぐに不安を感じやすい、という人によく処方されています。不眠症の緩和はもちろんのこと、大切な場面での緊張を取り除いて落ち着きを取り戻す目的でも効果を発揮してくれる存在です。

体力が失われている人におすすめの帰脾湯

帰脾湯(きひとう)は疲労と不眠をどちらも抱えている人におすすめの漢方薬です。疲れやすさを感じていたり、食欲不振や胃腸の不調といった症状を緩和してくれます。

帰脾湯は、気力と血液の巡りをサポートする働きがあります。そのため無気力でうつ気味の精神を安定させたり、血流を促進して冷えを緩和したり栄養の運びを促したりできるのです。

不眠症をはじめ、貧血や無気力、胃痛などの症状を抱えている人は、帰脾湯で症状を緩和させましょう。体力がなくなると上手く睡眠で疲労を癒すこともできなくなるため、余計に症状が悪化してしまいます。

また、よく眠れなかった翌日の疲労を癒したり、寝ても疲れのとれない人を癒したりする効果も期待できますよ。

まとめ

漢方薬には、西洋薬とは全く別のメカニズムから不眠に働きかける作用があります。なかなか思うように不眠が改善しないなら、漢方薬を試してみるのも一つの手ですよ。睡眠薬による副作用が怖い人も、漢方薬なら効果がマイルドですから副作用が少なくて安心できます。

また漢方薬を手に入れるなら、薬局で市販のものを購入するよりも、医師や薬剤師から直接処方してもらう方がおすすめです。

専門家の目から選んでもらえばあなたにぴったりの漢方薬を手に入れられますし、処方箋があれば保険が適用されてリーズナブルに漢方薬を購入できます。

どんな理由で不眠症に陥っているのかを自分なりに振り返って、専門家に漢方薬の処方を相談してみてくださいね。