コーヒーを飲むと眠れない2つの理由。カフェインレスなら大丈夫

寝付けない原因と対策

「コーヒーを飲むと眠れなくなる」と言う情報、よく目にしますよね?迷信かと思う人もいますが、これは事実です。実際にコーヒーには、眠れなくなってしまう作用が含まれています。ですがコーヒー好きの人からすれば、眠れなくなるからと言ってコーヒー断ちをするのはつらいことです。不眠作用を上手く回避してコーヒーを楽しみたいところ。この記事では、どうしてコーヒーを飲むと眠れなくなってしまうのか、コーヒーによる不眠を回避する方法はないのかについて見ていきます。

コーヒーで眠れなくなるのは本当!カフェインの作用って?

コーヒーを飲むと眠れなくなる、こう言われている理由は「カフェイン」が原因です。カフェインとは、コーヒーをはじめ緑茶や紅茶などに含まれている成分のこと。カフェインには様々な作用がありますが、「摂取後に眠れなくなる」作用は中でもかなり有名です。逆にカフェインを摂取しなければ、不眠は免れます。コーヒーを「眠れなくなる飲み物」と言わしめるカフェインの、不眠にかかわる2つの作用について見ていきます。

眠気覚ましにも使われてる。カフェインの持つ覚醒作用

コーヒーに含まれるカフェインには、脳を覚醒させる作用があります。そのため眠気覚まし用に販売されているガムやタブレットにはカフェインが多く含まれていて、眠気覚ましにはコーヒーが推奨されることも多いのです。

カフェインには、睡眠物質とされている「アデノシン」の働きを阻害する作用があります。アデノシンが神経を鎮静させるのを邪魔することで、カフェインを摂取すると神経が興奮し、覚醒するのです。またカフェインには「ノルアドレナリン」という神経伝達物質の生成を促進する働きがあります。ノルアドレナリンは脳を興奮させ、覚醒状態にさせる作用を持っているのです。このようなカフェインの持つ作用により、脳が覚醒して上手く眠れなくなるというわけです。

寝る前のコーヒーは利尿作用でトイレに行きたくなる

脳や神経を覚醒させるほかにも、カフェインには排尿を促す利尿作用が含まれています。カフェインを摂取すると、自律神経のうち神経を活発にさせる「交感神経」が優位になります。これにより腎臓の働きが活発になってしまい、必要以上に排尿が促されてしまうのです。

もし眠る前にコーヒーを飲んでしまうと、カフェインの持つ利尿作用で夜中にも関わらずトイレに行きたくなってしまいます。せっかく眠っていたのに尿意で目が覚める…という事態が引き起こされることも、コーヒーが不眠と関係する理由の一つです。

また、ただトイレに目が覚めるだけではなく、利尿作用が促されると脱水を起こします。本来なら必要な水分まで尿として排出されるため、脱水で身体の調子が悪くなり、睡眠の質が下がってしまうのです。そのためコーヒーを飲んだ後の睡眠は浅く、喉が渇いて途中で目が覚めたり、眠れても身体の疲労が取れないこともあり得るのです。

時間帯をずらして解決!コーヒーを飲んでも良い時間を確認

カフェインの覚醒作用があらわれるのは、摂取してからおよそ30分後とされています。ですから、眠る直前を避ければコーヒーの不眠作用は回避できるということです。もちろんカフェインの作用は人によって様々ですから、眠るきっかり30分前では危険です。また、カフェインの覚醒作用があらわれる時間を過ぎてから眠ったとしても、利尿作用によって起こされる可能性も十分考えられます。

覚醒作用と利尿作用を避けて眠るのが理想ですから、できればコーヒーを飲んでから眠るまでの間に1時間~2時間の余裕は欲しいですね。もし夜にコーヒーが飲みたくなったら、就寝時間から逆算してカフェインの作用を避けるように時間をずらしましょう。上手く時間を調整すれば、夜にコーヒーを飲んでも上手く不眠を回避できますよ。

コーヒー好き必見!カフェインレスのコーヒーなら大丈夫

眠れなくなるのは嫌だけどコーヒーはどうしても飲みたい…そんなときにおすすめなのが、カフェインレスのコーヒーです。例えば「タンポポコーヒー」は、タンポポの根っこから作った飲み物のことです。黒い見た目や香ばしさ、風味がコーヒーに似ているだけで、カフェインは一切含まれていません。コーヒーに似ているだけの別の飲み物、と考えると良いですね。タンポポコーヒーを用意しておくと、カフェインの心配をせずにコーヒーの気分を楽しむことができますよ。

「コーヒーじゃなきゃ嫌だ!」という人なら、焙煎される前のコーヒー豆で作った「グリーンコーヒー」がおすすめです。焙煎される前のコーヒー豆は緑色で、その豆で作ったグリーンコーヒーにはカフェインはほとんど含まれていません。コーヒーにもたくさん種類があります。カフェインレスのコーヒーを選べば、不眠に悩まずいつでもコーヒーを楽しめますよ。

まとめ

コーヒーで眠れなくなってしまうのは、カフェインの作用が眠る時間帯と重なってしまうからです。つまり飲むタイミングに気を使えば、コーヒーの不眠に悩む必要はないということですね。もちろん「眠る前じゃなければいくら飲んでもOK」ということではありません。カフェインは不眠を始め、利尿作用による脱水症状など…過剰摂取で様々なトラブルを起こします。おまけにカフェインには強い中毒性がありますから、飲めば飲むほどカフェインによるトラブルは悪化するばかり。コーヒーには多くのカフェインが含まれていますから、飲み過ぎには注意したいところ。

眠る前に限らずカフェインの過剰摂取には気を付けて、たまにはカフェインレスのコーヒーを楽しむことも視野に入れてみてくださいね。