正しい寝方の体勢って?寝付けない人は布団に入る段階で正しい準備を整えておこう!

安眠・快眠グッズ

寝方というのは、他人と比べる機会が少ないので、「睡眠に向いているのか?」という疑問を持っている人もいるかと思います。何が正しいのか?そういう寝る時の準備である寝方について個人で直ぐにできる改善方法をお教えしたいと思います。

「仰向け」「うつ伏せ」「横向き」どの体勢が正しい寝方?

寝方の体勢として、どんな人でも睡眠時に寝返りを打つということが前提としてあります。介護現場などではよく見るのですが、寝たきりの老人などには「褥瘡」というものがよくできます。

それは体重が一点にかかりすぎて肉まで抉れてしまうものです。これを防ぐために夜間時に体勢を介護として変えます。この寝返りが上手くできないと、夜中に起きてしまうなどこともあります。人間の体は睡眠よりも肉体の保護を優先します。

それでは、「仰向け」、「うつ伏せ」、「横向き」といった色々な寝方のうち、どれが優れているのでしょうか?

「仰向け」は最も効果的で、血液の流れも良くして呼吸も安眠に適している

仰向けは血流が正常に行き渡りやすい体勢ですので、深い睡眠を誘う効果があります。

また、寝返りも左右にどちらでも打てるため、寝返りも打ちやすいです。自然に寝返りが打てるので、自分の寝返りで起きるということは少なくなります。平均的に言えば、最も効果的な寝方です。

多くの人が取っている寝方となっています。生物的に言えば、仰向けが最も睡眠に適した寝方です。しかし、人には精神というものがあります。仰向け寝でリラックスができないという人にとっては、無理をして仰向け寝を目指す必要はありません。

あくまでも、寝る時に特に寝つきが悪いというような人ではない人が目指すべき寝方であるといえます。

「うつ伏せ」は、腰痛など体の負担が軽くなる

うつ伏せになると、寝返りが打ちにくくなります。寝返りを打つのに大きな動作が必要なので、そこで起きてしまう可能性も高いです。また、顔が枕に埋まるため安定した呼吸も確保できず、推奨できる寝方ではないです。

しかし、腰痛などを持っている人には効果があります。体の前を下にすると骨への負担はあばら骨に集中します。腰痛や骨に関する痛みで眠れないという人はうつ伏せがいいです。だらしない無防備な状態で、リラックス効果もあります。

「横向き」は寝返りが打ちにくいから起きやすくなる?

横向きは主にリラックス効果で入眠を促したいという人に効果があります。

ぬいぐるみを抱いて寝ると寝やすいという話を聞いたことがあるかもしれませんが、横向きで寝ている人は布団などを抱いていることも多く、そうした「甘えた感情」に包まれて寝やすくなる人もいます。胎児としてお母さんのお腹の中にいる時は横向きで寝ているので、そうした安心感をなんとなく感覚として覚えているという人もいます。

ただ、寝返りが打ちにくい体勢ですので、途中で起きるという可能性は高くなります。寝つきが悪い人にとっては良い体勢。中途覚醒が多い人にとっては悪い体勢。ということになります。

正しい寝方のための準備

自分が眠りやすい環境作りも大切です。環境によって体勢を変えることもできます。

リラックス要素は自分に合ったものを取り入れた方が良いので、一概に言えませんが、寝具についても同じです。個性によって相性があります。

寝具の相性も大切

布団は、「ふかふかのものが良い」という声が多いです。これは、若干背骨が曲がった体勢の方が安心感を得るからです。そのため、ベッドの普及はここ最近、著しいものがあります。ただ、正しい寝方である仰向けの睡眠に適しているのは床に布団を敷いた方がいいです。

相性が大切です。それでも、しっかりと布団は干した方がいいです。汗が染み、雑菌が繁殖すると、じめじめしたような不快感がします。雨季のじめじめさが心地よいという人はいないでしょう。

低反発枕と高反発枕、結局どっちがいいの?

昔の日本では木でできた枕で高い方が寝やすいという意識がありました。今では羽毛の低い枕が主流です。

寝具については、周りの意見よりも自分との相性です。低反発枕が良い。高反発枕が良い。どちらも良く聞く言葉ですよね。結局は枕が高いか低いかどちらがいいかという問題なのです。

埋もれる感じが良いなら低反発枕を、頭をしっかり固定して寝たいという人は高反発枕がいいです。

まとめ

寝る前に睡眠のための環境を整えることが大切です。自分に合ったアロマなどを使うことも重要ですが、寝方も個人に合った方法で寝る必要があります。肉体的に睡眠効果がある仰向け寝や、それ以外の自分が安心して眠れる寝方などもあります。そこは、個人で選択する必要があります。

人それぞれの正しい寝方について考える必要があるでしょう。