眠りの質を上げる寝る前の10分間瞑想!効果的な方法とは?

眠れない原因と不眠対策(眠りの知識)

睡眠の悩みを抱えている人の多くは、睡眠不足を自覚しています。この睡眠不足は睡眠時間の長さに影響されていると思っていませんか?睡眠時間が短くでも眠りの質が良ければ、満足感の高い睡眠が実感できるようになります。

質の良い眠りとは、熟睡感がある、朝の目覚めがスッキリしている、睡眠時間に関係なく疲れが取れている状態の眠りを言います。眠りの質を上げる方法はいくつもありますが、ここでは誰にでも簡単に取り入れられる瞑想をご紹介しますね。

瞑想とは?何をいつどのくらいするのが良いの?

瞑想という言葉を耳にすることも増えてきているのではないでしょうか。少し前までは、「瞑想=修行」「瞑想=宗教」というイメージを持っている人も多くいました。ですがヨガの人気と共に最近では、生活の中に瞑想を取り入れている人も増えてきました。

瞑想とは、心を無にすることと言われますが、あまり難しく考えずに、心を静かに穏やかにする時間と思うと良いかもしれませんね。

毎日毎日、仕事や家事に追われ、いつも何かを考えていることが多いのではないでしょうか。その思考を休む時間を作るのが瞑想です。瞑想には制約や制限はありません。自分の好きな時間に好きなだけして大丈夫です。心の休憩時間を1日のスケジュールの中に組み入れてみてくださいね。

寝る前に瞑想をする効果とお勧めのポイントとは?

いつ行っても良い瞑想ですが、寝る前や1日の終わりにしている人が多いようですね。なぜ寝る前?と思われるかもしれませんが、瞑想の効果は睡眠の質を上げるためにとても有効的な手段なのです。

睡眠に悩みを持っていた人が瞑想をしたところ、ぐっする眠れるようになった、朝の目覚めが良くなった、翌日までネガティブな思いを引きずらなくなったという変化が見られています。寝る前の瞑想がなぜ良いのか、3つのポイントから考えていきましょう。

心身ともにリラックス効果絶大!安眠へ誘う瞑想

瞑想は目を閉じて静かに時間を過ごします。最初は思考が働き、今日こんなことがあった、まだやらなきゃいけないことがあった、明日の準備は大丈夫?などと考えてしまいます。ですが、回数を重ねるうちにだんだんと考えない“無”の状態になっていきます。

不思議ですよね。自分の呼吸や心拍を感じながら目を閉じていると、心身共に自然とリラックスしていくのです。瞑想に関しては欧米でも研究がなされており、瞑想中の脳の状態をMRIでみたところ、脳が動いている時に出るベータ波がほとんど出ていず、とてもリラックスした状態のあることがわかっています。

寝る前に瞑想をすることは脳も体もリラックスし、眠りの質を上げる効果があるのです。

集中力が増す瞑想!寝る前の頭の整理にピッタリ

瞑想はリラックス効果だけではなく、集中力をアップさせてくれる効果もあります。体が疲れていると、仕事の効率は悪くなりますよね。時間ばかりかかりますし、小さなミスをして二度手間になることもあります。

そのような時には少し休憩を取ることで、リフレッシュし気持ちも新たに仕事に取り組めます。脳も同じですよ。毎日使い続けていると疲れてしまいます。体ほど疲れが自覚しにくいため、休ませることには意識が向きませんが休憩は必要です。

瞑想をすることで十分にリラックスすると共に、リフレッシュできるのです。リフレッシュした脳は、どんどんアイディアを出しやすくなりますし、頭の回転も早くなります。翌日の仕事もサクサクできちゃうかもしれませんよ。

必要物品なし!お手軽気軽に始められる瞑想

仕事で疲れた後に何かをしようとすると、とても面倒に感じますよね。それが疲れを取るためだとわかっていても、その行動や行為がさらに疲れると思ってしまいます。道具を出したりしまったり、時間を作らなくてはいけなかったり、誰かの指導がひつようだったりすると、もうやりたくない!と嫌になり、どんなに良いことでもしなくなってしまうでしょう。

瞑想は面倒なことは一切なく、ひとりで自分の好きな時間に自分のタイミングでできるので、とてもお手軽です。必要なものもありません。ベッドの上でもできますので、スペースを確保する必要もありません。このお手軽さは働いている人にはとても魅力的なものになりますよね。

今夜から始められる効果的な10分間瞑想のやり方

瞑想のやり方はとても簡単です。次のことを寝る前に10分行うだけです。

  • 目を軽く閉じる
  • ゆっくり鼻から吸って鼻から吐く呼吸を繰り返す

たったこれだけで瞑想完了です。リラックスできる体勢で行うのが良いため、椅子に座っても良いですし、床に座っても良いですよ。座り方も自由です。

ヒーリング音楽をかける人もいますが、あってもなくてもどちらでも良いですよ。瞑想中に今日の出来事や、明日の仕事のことなどが浮かんでくることもあります。それらの雑念はスルーしましょう。

最初は難しいと感じるかもしれませんが、回数を重ねると自然と雑念を無視できます。さらに続けると雑念が浮かばなくなりますので、安心して瞑想を続けてくださいね。

まとめ

睡眠に悩みを持っている人には、瞑想はとても簡単で効果的な方法です。寝る前に瞑想をすることが眠りの質を高め、良い睡眠へと誘ってくれます。静かな呼吸を繰り返すうちにどんどん心も体もリラックスし、心地よくなっていきますよ。

十分にリラックスできたと感じたら、瞑想の効果があった証拠ですので、10分経っていなくても終わって大丈夫です。ストレッチをしたり、音楽を聴いたり、香りを使ったりするリラックス方法と比べても、手軽で簡単に始められて効果が高いとなれば、試さない理由はありませんよね。

睡眠は1日のリセットの時間でもあります。ぐっすり寝てスッキリ目覚め、元気に新しい1日を過ごすためにも今日からぜひ瞑想を取り入れてみてください。