睡眠環境や日頃の生活習慣を見直して気持ちよく寝る3つの方法

眠れない原因と不眠対策(眠りの知識)

毎日睡眠をとっていると思いますが、日によって気持ちよく寝られた時と寝られなかった時がありませんか?それによって、目覚めの爽快感や日中の体調にも違いが出てしまいます。

どうせ毎日眠るなら、気持ちよく寝たいものですね。気持ちよく寝るためには、睡眠の質を上げることが大切ですよ。睡眠環境を整えたり、体内時計の働きを正しくしたり、副交感神経を優位にすることで、気持ちよく寝ることが可能になりますよ。

気持ちよく寝られる睡眠とは?気持ちよく寝るメリット

目覚めた時に、今日は気持ちよく寝られたと感じる時ってありますよね。そんな時には、スムーズに起きられたり、体がいつもより軽かったりしませんか?気持ちよく寝られたと感じるためには、質の高い睡眠をとることが必要です。

睡眠には、体だけでなく脳に休息を与える作用もありますよ。身体と脳がしっかりと休息をとることで、心身の疲労を回復して元気になることができるんです。睡眠には深い眠りのノンレム睡眠と、浅い眠りのレム睡眠があります。ノンレム睡眠には脳を休ませる働きがあるため、気持ちよく寝るためにはノンレム睡眠をきちんととることが必要ですよ。

気持ちよく寝られると、目覚めの爽快感もアップします。一日の始まりを気持ちよく迎えることで、前向きな気持ちになることもできますよ。疲労を回復することもできるため、日中を快適に過ごすこともできます。仕事や学業の効率もアップしそうですね。

気持ちよく寝られない睡眠とは?気持ちよく寝られないデメリット

気持ちよく寝られた時とは逆に、気持ちよく寝られなかった時もあります。そんな時の朝は、体が重くてなかなか起きられなかったり、一日調子が出なかったりしませんか?気持ちよく寝られなかった原因として、質の高い睡眠がとれていないということが考えられます。

眠りが浅いと、途中で何度も目が覚めてしまったり、早く起きすぎてしまったりしてしまうことがありますよ。浅い眠りのレム睡眠ばかりだと、脳を休めることもできません。そのせいで睡眠が不足してしまい、目覚めや日中に悪影響を与えてしまうことがあるんです。

朝はスムーズに起きられなくて、ぼんやりしてしまう。日中には眠気があり、仕事や学業に集中できない。昨日の疲労が残っていて、体が思うように動かないなど、日常生活の支障になってしまいますよ。気持ちもネガティブになってしまいそうですね。

毎晩ぐっすり!睡眠の質を上げて気持ち良く寝る方法

気持ちよく寝たいなら、睡眠の質を上げることが効果的です。ぐっすり眠ることで、心身の疲労を回復して、健康的で元気な体になることができますよ。

睡眠の質を上げるには、睡眠環境をより睡眠に適したものにする。体内時計を整えて、ぐっすりと眠れる体つくりにする。副交感神経を優位にして、体を眠りやすい状態にする、などを心がけることが大切です。気持ちよく寝るためには、具体的にどのような方法があるのでしょうか?

睡眠環境を整えて快適な空間をつくる

気持ちよく寝るためには、睡眠に適した環境を整えることが大切です。心身がリラックスできる空間なら、睡眠に集中することができますよ。それには、室温、湿度、灯り、物音などを調節するのが効果的です。

室温は、夏は26~28度、冬は18~23度が快適に眠れると言われています。湿度は、60%前後がオススメですよ。これくらい湿度があると、皮膚やのどなどの乾燥を防ぐことができます。灯りは、寝る前には暖色系の落ち着いた灯りにし、就寝時に消すようにしましょう。

眠りを邪魔されないためにも、できるだけ静かな環境で眠るようにしてくださいね。寝具や衣類を整えることも効果的です。マットや枕などは、体に合ったものを選ぶようにしましょう。衣類は体を締め付けないようなデザインで、肌触りの良いものを選ぶようにしてください。

規則正しい生活をして体内時計の働きを整える

ぐっすりと眠るためには、体内時計を正常に働かせることが大切です。私たちの体に備わっている体内時計には、眠りに必要なメラトニンの分泌を促してくれる作用があるんですよ。起床して朝日を浴びると、体内時計が一日の始まりをカウントし始めます。それから14~16時間後にメラトニンの分泌が増えていき、眠る準備に入っていきます。

メラトニンは睡眠ホルモンとも呼ばれているホルモンで、眠気を起こしてスムーズに眠りに導いたり、深い眠りを与えてくれたりするのに役立ってくれますよ。体内時計を整えるには、規則正しい生活をすることが効果的です。朝はできるだけ同じ時間に起床するようにして、朝日をしっかりと浴びるようにしましょう。日中に適度な運動や活動をして、体を動かすのも効果的ですよ。

副交感神経を優位にして心身をリラックスさせる

気持ちよく寝るためには、心身をリラックスさせることも大切です。体が緊張していると、スムーズに寝つくことができなかったり、熟睡することができなくなったりしてしまいますよ。心身をリラックスさせるためには、副交感神経の働きを活発にすることが必要なんです。

それに役立ってくれるのが入浴です。ゆったりと入浴することで、心身をリラックスさせて副交感神経を優位にしてくますよ。アロマオイルなどの心地良い香りも、心身をリラックスするのに役立ってくれます。副交感神経の働きを、弱くしてしまう行動を避けることも大切ですよ。

スマホやパソコンのブルーライトは、交感神経を刺激して副交感神経の働きを弱めてしまいます。スマホやパソコンの使用は、寝る1時間前までにしてくださいね。

まとめ

一日を快適に過ごすためには、気持ちよく寝ることが大切です。気持ちよく寝られると、朝スムーズに起きられたり、疲労が回復して元気になったり、気持ちが前向きになったりとメリットがたくさんありますよ。気持ちよく寝るためには、睡眠の質を上げるのが効果的です。そのためには、室温、湿度、照明、寝具、衣類などを適したものにして睡眠環境を整える。規則正しい生活をしたり、朝起きたら朝日を浴びたりして、体内時計の働きを正常に働かせる。副交感神経を活発にして心身をリラックスさせるために、入浴や香りを利用するようにしましょう。睡眠環境や生活習慣を見直すことで、気持ちよく寝られるようになりますよ。質の高い睡眠を手に入れて、快適な一日を過ごしてくださいね。