睡眠不足のあなたに読んで欲しい!知らないと怖い睡眠の重要性3選

眠れない原因と不眠対策(眠りの知識)

今の睡眠に満足しているでしょうか?もし自分の満足していなくても、それは何も不思議なことではありません。

なぜなら、厚生労働省の調査によれば、国民の20%程度は睡眠に不満を持っていることが分かっているからです。睡眠に不満を持った状態での生活はとても辛いものです。集中力が続かず、眠気と戦い続けるのですから苦しさしかありません。

そこで、ここでは睡眠の質をあげるための情報を紹介していきます。睡眠に悩む人にとって重要な情報もありますので、ぜひ参考にしてください。

人体や精神に対する影響力を考えると睡眠の重要性はどれくらい?

一般的に、睡眠不足は身体に悪いといわれています。それだけではありません。睡眠不足は精神にも影響し、うつ病などの精神的な病気をもたらすともいわれています。

また、筑波大学国際統合睡眠医学研究機構の発表によれば、睡眠とエネルギー代謝には密接な関係があり、睡眠不足が代謝疾患や肥満の発症と関係があるそうです。

このように、睡眠と身体や精神とは密接に関係しています。逆をいえば、しっかりとした睡眠がとれれば、それだけ良い効果が得られるのです。

十分な睡眠が体に与える影響は疲労を回復させるだけにとどまらない

厚生労働省が発表した「健康づくりのための睡眠指針2014」によれば、睡眠による良い影響は疲労回復だけではないことが分ります。たとえば、年齢とともに気になる人が増える生活習慣病。いわゆる高血圧や糖尿病、脳卒中など日頃の悪い生活習慣がたたって起きる健康障害や病気の総称ですが、良い睡眠はこれらを防ぐことにもつながります。

また、先述したように、睡眠不足は肥満の原因になる可能性も少なくありません。しっかり眠りさえすれば肥満にならないという話ではないですが、睡眠を適切にとるだけで代謝の良い身体が作れるというのは、手軽な肥満対策といえるでしょう。何より、ダイエットは少なからず健康に害を与える可能性がありますが、睡眠は寧ろ健康に良いことなので、デメリットが少なくて済みます。

眠るだけでストレスが抑えられる?睡眠が精神に与える影響の大きさ

岐阜医療科学大学保険科学部看護学科の奥百合子氏ら三名による論文「看護学生の臨地実習におけるストレスと睡眠時間との関連」よると、睡眠時間とストレスの関連性がいくらか分かります。この調査によれば、睡眠不足のナースは、睡眠が足りている人と比較して患者などとの関係でストレス得点が高くなったそうです。

また、睡眠にはストレスホルモンの分泌を抑える効果もあることが知られており、良い睡眠そのものがストレスを抑制する効果を持つことが明らかになっています。つまり、睡眠不足が健康面や精神面に悪い影響を与えるのはもちろんとして、睡眠をしっかり取れさえすれば、精神面を癒やすのにも役立つということです。身体を休ませる意味合いで重要視される睡眠ですが、実は心の健康にも良い効果を持っています。

睡眠不足は子供の身体と精神の成長にとってとても悪いという事実

子供の頃に「早く寝なさい」と注意された経験が、誰でも一度はあるのではないでしょうか。睡眠は、大人だけではなく、子供にとっても重要な存在として注目されています。たとえば、富山大学地域連携推進機構地域医療保健支援部門が、睡眠時間が短い子供ほど虫歯が多いという調査結果を出しているのです。この調査の結果を見ると、9時間以上睡眠時間を取っていた子供の6.4%に虫歯があった一方で、睡眠時間が8時間未満の子供では14.2%もの人に虫歯が見られたことが分かるでしょう。

また、別の研究では瀧靖之教授が、睡眠時間の長い子供の方が、人間の記憶に関わる脳の海馬が大きくなることを発表しています。このように、睡眠をしっかり取ることは、大人の健康に良いだけではなく、子供の成長にとっても良いのです。

睡眠不足が招く大きな災い!睡眠は病気予防として重要性がある?

睡眠をしっかりと取ることがどれだけ健康に良いか、ここまでの内容で分かったでしょう。ここからは、睡眠不足がどれだけ健康に悪影響を与えるのかということについて紹介していきます。先述した内容といくらか重なる内容もありますが、睡眠不足がどれほど危険かを示すためですので、それだけ重要なことだと考えてください。

昨今、長時間労働や過剰なストレスを受けやすい社会となっていることもあり、日本人全体の睡眠時間は減少傾向にあります。しかし、睡眠時間を削って得られるのは不健康な自分でしかありません。そのため、ここからの内容をよく読んで、ぜひ自身の健康作りに役立ててください。

睡眠不足は生活習慣病の原因となる良くない状態を作り出してしまう

先述したように、しっかりと睡眠を取ることは、生活習慣病の防止に役立ちます。たとえば、適切な睡眠を取ることで、体内の新陳代謝が高まり肥満抑制に一役買いますが、逆に睡眠不足は代謝を鈍らせ肥満になりやすくします。肥満化が進むと、睡眠時無呼吸症候群などに陥りやすく、睡眠の質が悪化し、さらに身体の状態は悪くなるでしょう。その結果、高血圧や糖尿病、不整脈、脳卒中といった生活習慣病を起こしやすくなってしまうのです。

これらの病気は、発症後の生活に大きな制限をもたらし、最悪死に至る危険性を持った病気であることから、かからないに越したことはありません。予防には適切な食事管理や定期的な運動などの手間がかかりますが、その中でも睡眠は最も手軽にできる簡単な予防法といえるでしょう。

うつ病や不安障害といった精神障害を睡眠不足が生み出してしまう

先述したように、適切な睡眠はストレスホルモンの分泌を抑制することで、ストレスを抑える効果があります。睡眠が不足すると、ストレスホルモンの分泌を抑えられなくなるだけではなく、自律神経の乱れが回復せず、結果的にうつ病や不安障害などの精神的な不調を招くことになってしまうのです。また、このような精神的不調は、不眠症などの睡眠障害の引き金になり、より一層睡眠が不足しがちになるでしょう。まさに、負の循環が起こることになるのです。

このように、睡眠が不足することは、身体への悪影響だけでなく、精神に対する悪影響も及ぼす危険な状態といえます。昨今、広く知られるようになってきましたが、うつ病などの精神的な障害は、各種保険への加入ができなくなるほど重大な病気として扱われています。寝不足の果てにこのような重篤な状態になり、普段の生活に大きな支障を来すのは、やはり避けるべきだといえるでしょう。

あなたの睡眠環境を改善するために重要性の高いアイテムは何か?

睡眠をしっかりと取ることのメリットと睡眠不足のデメリットを知ったところで、ここからはより良い睡眠を取るために必要なものを考えていきましょう。睡眠の質をあげる方法としては、一般的に生活習慣の改善や適度な運動、ストレスの管理などがあげられます。しかし、これらは時間をかけてじっくりと取り組んでいく必要のあるもので、今すぐにできる改善方法とはいえません。

そこで考えたいのが、睡眠環境を改善することです。これならば特定の物を買ったり、部屋を整えたりするだけで良いためすぐできます。

睡眠を大きく改善させるために必要なのは何といっても適切な寝具

睡眠環境を整える上で、最も考えたいのは寝具です。どれだけ生活習慣を見直し、適度に運動し、ストレス管理をしたところで、結局のところ寝具に問題があると、睡眠の質は低下してしまうからです。寝具の選び方には様々なポイントがありますが、一番重要なのは寝返りが打ちやすいかどうか。なぜならば、同じ姿勢で寝続けることは、それだけ身体に負担をかけることにつながり、身体を痛めることになってしまうからです。

また、血の流れにもいくらか支障を生んでしまいます。そのため、適度に寝返りが打てるような寝具選びが重要となるのです。具体的にどのように選べば良いかですが、体重の軽い人は低反発性の寝具、体重の重い人はいくらか反発力が高い寝具という選び方が一つの目安になるでしょう。最終的には、実際に使ってみて判断するのが良いですが、この点は一つの目安として覚えておくと、寝具選びに困りにくくなります。

まとめ

寝不足は体調を崩すだけでなく、不健康を生み出し続けるループに陥る原因になってしまいます。そのため、どれだけ忙しくても必ずある程度の睡眠時間は確保しなければいけません。多忙な現代において、長い睡眠時間を取ることは、いくらかムダに感じてしまうかもしれないですが、長期的に見て睡眠時間を削るのは命を削るに等しい行為です。また、睡眠をしっかりと取ることは、集中力を向上させ、あらゆる活動の効率性を上げることにつながります。健康に良いだけではなく、活動全般をスムーズにするのです。

結果的に、ムダに消費する時間が減り、睡眠時間の確保にも困らない良い循環を作ることができるでしょう。そのためにも、寝付きを良くするなど睡眠の質を上げるための生活習慣の見直しや自分に合った寝具の新調を考えていきたいものです。睡眠を良くすることは、人生を豊かにすることと同じですので、ぜひより良い睡眠を取るために生活の様々な点を見直しましょう。